論文執筆要項



本大会に貴重な演題をご応募いただき、誠にありがとうございます。事務局作業が遅れご迷惑をお掛けいたしました。スケジュールの遅延に伴い論文投稿期限を延期しております。締め切り日が決定次第こちらのページで御案内します。

[採択][条件付採択]となりました演題は、昨年の第21回大会と同様の形式で論文を執筆していただきます。この論文は、大会参加者全員に配付される「CD-ROM版論文集」、および別途有償配付される「冊子版論文集」に掲載されます。

論文は昨年とまったく同じXML形式での執筆であり、投稿はUMINのオンライン演題募集システムを利用いたします。


本ページの内容:
  論文執筆の流れ
  テンプレート
  サンプル論文原稿
  XML検証プログラム
  論文投稿サイト
  論文投稿状況



●論文執筆の流れ

 1)「XML形式論文の書き方〜準備編」および
  「XML形式論文の書き方」を読んでください。

 2) テンプレートXML検証プログラムをダウンロードします。

 3) 「XML形式論文の書き方」を参考に執筆し、投稿用アーカイブを作成します。
   ※一般公募演題の論文はB5版2ページになります。
   「XML検証プログラム」で文法のチェック、[仕上がりプレビュー]でのページ数の確認をしてください。

 4) 論文投稿サイト にて 3)で作成したアーカイブをアップロードします。このさい
  演題申込み時の[演題登録番号][パスワード]が必要になります。
  論文投稿受付締め切りは9月11日(水)17:00です。

 5) 投稿されたアーカイブは大会事務局にて内容確認ののち、論文投稿状況のページにて受領確認を掲示します(確認には数日間を要します)。個々の論文に対し事務局から受領メールを送信することはありません。必ずこのページをチェックしてください。



●テンプレート

 ・XML形式論文 テンプレート標準版;
     Windows版  template-w2.txt
     Macintosh版 template-m2.txt
     Unix版    template-u2.txt

ファイルのダウンロードの仕方

Windows / Netscape Navigator の場合
ファイル名を右ボタンクリックするとメニューが現れます。
 「リンクを名前を付けて保存...」を選択してください。

Windows / Internet Explorer の場合
 ファイル名を右ボタンクリックするとメニューが現れます。
 「対象をファイルに保存...」を選択してください。

Macintosh / Netscape Navigator の場合
 ファイル名をプレス(※)するとメニューが現れます。
 「リンクを名前を付けて保存...」を選択してください。

Macintosh / Ineternet Explorer の場合
 ファイル名をプレス(※)するとメニューが現れます。
 「リンクをディスクにダウンロード」を選択してください。

※プレス: リンクなどの上でしばらくマウスボタンを押しつづける。

「名前を付けて保存...」ウィンドウが現れたら、適当なフォルダに移動して、「保存」ボタンを押してください。ファイルを保存したフォルダを忘れないようご注意ください。



●サンプル論文原稿

  XML形式論文の全機能を解説したサンプル原稿です。
   ※第20回大会のサイトにジャンプします。



XML検証プログラム

  ・ダウンロード

  ・使い方

  ・検証プログラムで "エラーメッセージ" が出た場合には...



●論文投稿サイト

    論文投稿受付期間は 2002年 9月9日(月) で締め切りとしておりましたが、回線障害が発生したため最終締め切りは9月11日(水)17:00迄とさせていただきます。

  XML検証プログラムによって作成されたアーカイブ(圧縮ファイル)をアップロードしてください.なお,アップロードするには演題登録番号とパスワードが必要です.
 

    論文投稿サイトへ進む

※投稿サイトでの[登録した抄録を確認する]機能は,現在使用できません。『アップロードが正常に終了しました。』のメッセージが出ましたら,投稿作業は終了です.[最初の登録ページに戻る]をクリックするか,ウインドウを閉じてください。


 演題申込み時と異なり,個々の演題への受領通知メールは送信されません.
 「●論文投稿状況」でご確認いただくことになります.



●論文投稿状況

  論文の投稿状況を演題登録番号別に掲示いたします。
  現在、9月25日(水)17:00までに投稿された分を掲載いたしております。
 ※ファイル名に全角文字を使用してのエラーが多発しております。ファイル名は半角英数字をご利用ください。


   ・登録番号 10000〜10099

   ・登録番号 10100〜10199

   ・登録番号 10200〜10299

   ・登録番号 10300〜10419 , 50000〜50004



  それぞれのページには、[採択][条件付採択]となり論文を執筆していただく演題登録番号が記載してあります。登録番号の右側には、投稿状況に応じて次のような表示がなされます。

  ・論文投稿済み:事務局で論文アーカイブが投稿されたことを
             確認いたしました。


  ・XML論文検証済み:XML論文の書式が正しく書かれていることを確認
            いたしました。論文は正式に受領されました。


[XML論文検証済み]の表示をもって論文の正式な受領通知といたします。本ページ上段でも記載しておりますが、個々の論文への受領通知(相当するメール)はお送りしていませんので、本ページを必ずご確認ください。




論文執筆に関するお問い合わせはjcmi2002@med.kyushu-u.ac.jp まで.