『バイオインフォマティクス』

オーガナイザー 新潟大大学院予防医療学 岡田 正彦 

 ヒトゲノムの解析が終了し、自然科学も新世紀を迎えました。今、新しい時代にふさわしい魅力的な研究対象と手法が求められています。本セッションでは、IT技術によって生命の神秘に迫るというテーマで、最先端をいく研究者、技術者、ビジネスマンの方々に夢を語っていただくことになっています。
 午前中のセッションでは、これから研究を始めるという方々のためのわかりやすい解説と、数学的方法論やコンピュータ応用の最先端のお話が展開されます。午後のプログラムは、遺伝子ビジネスについてです。すでに欧米では、遺伝子をビジネスの対象にした巨大な計画が進行しています。そこで、大企業やベンチャー企業などで実務の経験をお持ちの方々に、今後の展開などを語っていただくという企画を考えました。
 どなたにもご理解いただけるよう、すべて司会者が専門家に質問を投げかけるという座談会形式で話が進行します。どうか、気軽にご参加くださるようお願いいたします。


プログラム

1.遺伝子とは
9:00~10:20
司会
赤澤 宏平(新潟大学医学部附属病院)
出演
安藤 譲二(東京大学大学院)
内容
遺伝子の仕組み、解読技術、組換え技術、病気との関係など、エンジニアおよび初学者向けコース
 
2.遺伝子解析のアルゴリズム
10:30~11:50
司会
玉井 誠一(防衛医科大学)
出演
高木 利久(東京大学医科学研究所)
肥後 順一(東京薬科大学)
浅井 潔(産業技術総合研究所)
内容
遺伝子領域発見システム、遺伝子機能予測、遺伝子知識スパイラル、タンパク質立体構造予測など、バイオインフォマティクス研究者向けコース
 
3.遺伝子ビジネスが拓く未来
13:00~15:00
司会
岡田 正彦(新潟大学大学院)
講師
井原 茂男(東京大学先端科学技術センター)
川原 弘三(株式会社ワールドフージョン)
中野 守(コンパックコンピュータ株式会社)
根本 靖久(山之内製薬)
内容
スーパーコンピュータ、バイオインフォマティクス支援サービス、バイオベンチャー市場、企業投資、ゲノム創薬など、企業家、起業家、マスコミ向けコース