ワークショップ 

「医療情報技師の育成、、、その到達目標と育成ストラテジー」

日 時:11月15日 14:30〜16:30
場 所:東急イン 高砂
    医療情報技師育成事業委員会

趣 旨:
 厚生労働省が平成13年12月に公表した「保健医療分野における情報化にむけてのグランドデザイン」では、平成18年度までの医療のIT化の実施計画とそのスケジュール等が具体的に明示されました。このように今後ますます加速される保健医療福祉機関の情報の有効活用を図るためには、安全かつ安定した情報システムの開発・運用に必要な知識・技術をもった人材の確保が、関係機関及び関連業界の緊急の課題になっています。
 このような状況を踏まえ、日本医療情報学会では、これからの保健医療福祉を包含する医療分野の情報化を担う人材を育成するために、「医療情報技師」の育成事業に取りかかりました。
本ワークショップでは、この事業計画を知って頂くと共に、「医療情報技師」の育成目標に関して論議を深めることを目的とするものです。

座 長:河村徹郎(鈴鹿医療科学大学)、内藤道夫(大阪警察病院)

プログラム
1.はじめに  山内一信(名古屋大学医学部)
2.医療情報技師育成事業について 河村徹郎(鈴鹿医療科学大学)
3.医療情報技師とは 橋本則男(鈴鹿医療科学大学)
4.医療情報技師の育成目標
入江真行(和歌山医科大学)
宮本正喜(兵庫医科大学)
内藤道夫(大阪警察病院)
5.今後の計画 山本皓二(三重大学医学部)