高精細 4D / 3D 画像解析ソフトウェア 
  BitplaneAG  IMARIS  (ver.7.6.5)
       設置 : 平成24年3月

  
  特徴
  •   共焦点顕微鏡で得られた3D/4D画像データを視覚化するために必要な機能を備えた基本ソフトウェアです
  •   作成した立体像は、シンプルな回転から複雑な動作の動画まで作成することができます
  •     動画は QuickTime や AVI 形式で保存が可能なのでプレゼンテーションに利用できます
  •   オプションとしては以下の2つがあります(平成25年3月追加)
  •     Measument Pro(3D画像の体積や表面積などの様々な測定が可能)
  •     Track(タイムラプス画像からオブジェクトの経時変化を解析できます)
  •   zeiss ZEN2010 ソフトウェアもこのPCにインストールしてありますので、LSM700、LSM780で取得した画像の解析をすることが可能です
  •     ZEN2010 をご使用になる場合は事務室に HASP キーを借りに来てください

  利用のルール
  •  「取扱い説明」を受講しないと使用できません
  •   挿入するメディア(CD、DVD、USBメモリ等)は支援センター指定のPCで事前に必ずウィルスチェックをしてください
  •   zeissの画像フォーマット( .lsm  .zvi   .czi )が推奨ですが、他メーカーの共焦点画像の読込みも可能です
  •      ただし画像フォーマットに注意が必要です(下の表で確認してください)
  •     

  取扱い説明のご案内
  •   随時、取扱い説明を行っておりますが、日程調整が必要なため事前に連絡をください
  •     使用開始時期が決まってからご連絡ください
  •   取扱い説明は簡単な内容のみとなります
  •     解析はメーカーにアドバイスを受けながら行うため、使いこなすのにある程度時間がかかります



Copyright(C)The Research Support Center, Research Center for Human Disease Modeling,
Kyushu University Graduate School of Medical Sciences. All Rights Reserved.