共焦点レーザー顕微鏡システム
  Zeiss LSM780
       設置 : 平成23年7月

  
  特徴
  •   温調モジュール、CO2モジュール、Definite Focus(カルチャーディッシュのフォーカスを安定化させる装置)を搭載し、ライブセルイメージングを目的としたシステムです
  •   高感度検出器(GaAsP検出器)を搭載しています
  •   付属機器としてマイクロインジェクター(eppendorf社)があり、接着細胞、浮遊細胞に注入が可能です
  •   試料の蛍光スペクトル情報を取得する「ラムダモード」機能があります
  •     また、取得したスペクトルの形状から複数の蛍光色素を分離することが可能です
  •   Tile Scan(画像をジョイントさせて広域画像を取得する)が可能です

  利用のルール
  •   利用の約束を必ずお読みください
  •  「実技講習」を受講しないと使用できません
  •  「実技講習」を受講できるのは既にLSM700を使いこなしている方になります
  •   機器使用料がかかります(1,700円 / 時間)
  •   使用時間の制限があります
  •     平日9:00〜17:00…3時間以内
  •     上記時間帯以外は時間制限を設けていませんが、他の方の迷惑になる予約の取り方は控えてください(予約についてご不明な点、ご相談がありましたらお問い合わせください)
  •   USBメモリの使用はできません
  •     CDまたはDVDでの保存となります(未使用のものをご使用ください)

  実技講習会のご案内
  •   1ヶ月に1回実技講習会を開催しています(日程調整が必要なため事前に連絡をしてください)
  •     使用開始時期が決まってからご連絡ください
  •   確実に操作を理解していただくために、最低2回の講習会の受講が必要です
  •     1回目  • • •  初回実技講習会(約2時間半 , 5名まで)
  •                       基本的な操作説明
  •                       サンプルの持参は不要です
  •     2回目  • • •  立会い(約2時間 , 個別)
  •                       スタートからシャットダウンまでを利用者お一人で操作できるかの確認です
  •                       サンプルを持参してください

  仕様
        
     

  マニュアル
      基本編マニュアル(1.9MB)
        
      応用編マニュアル(3.2MB)
        


Copyright(C)The Research Support Center, Research Center for Human Disease Modeling,
Kyushu University Graduate School of Medical Sciences. All Rights Reserved.