H23(2011)年 お知らせ

12/29(木)~1/3(火)年末年始の支援センターご利用について 2011/12/05up

いつも支援センターのご利用ありがとうございます。12/29(木)~1/3(火)まで支援センター業務をお休みさせいただきます。なお生体動態解析室は、時間外利用申込書を提出され、カードキーをお持ちの方は、この期間でもweb上で機器予約の上ご利用できます。ただし、機器等のトラブルには対応できません。共同利用機器ということを認識されてご利用下さい。
●受 託
*シークエンス受託  2011年12月27日(火)申込締切 2012年1月4日(水)受付開始
*マイクロアレイ受託  2011年12月19日(月)申込締切 2012年1月4日(水)受付開始
どうぞよろしくお願いいたします。


12/28(水)午前中、大掃除のため機器のご利用できません 2011/12/05up

12/28(水)午前中は支援センターの大掃除のため、機器のご利用はできません。掃除中であっても(ホコリが舞ったりしても)構わない方は、ご利用されて下さい。


【重要】リアルタイムPCRをご利用のみなさまへ 2011/12/01up

リアルタイムPCRのソフトをご自分の研究室のPCにダウンロードされてご利用されている方に注意事項のご連絡です。機器接続以外のPCで作成した雛形でrunをすると途中でrunが止まってしまう、というエラーが起きています。機器接続以外のPCは、解析のみ使用、支援センターのリアルタイムPCR接続のPCで雛形の作成・保存をしrunをされるようにお願いいたします。


ビアコア3000故障中のため、11/30までご利用できません。 2011/11/14up

11/29に修理します。ご迷惑おかけいたします。


11/18(金)9:00~12:00停電のため機器のご利用ができません 2011/11/09up

11/18(金)9:00~12:00は基礎A棟の停電のため、機器のご利用ができません。また支援センターの部屋の使用もできませんので、支援センター業務(シーケンスの受付け・Data受け渡しなど)も停止させていただきます。12:00以降は通常通りの業務に戻ります。


LEICA レーザーマイクロダイセクションを導入しました 2011/11/01up

支援センターの実技講習を受講し許可された方のみ使用できます。実技講習の申込については、支援センターまでお越し下さい。

MD社 ハイコンテントスクリーニングシステム、11/4(金)から運用開始 2011/11/01up

11/4(金)から運用を開始します。支援センターの実技講習を受講し許可された方のみ使用できます。利用方法は、他の機種と同様に予約システムでの申込みになります。「利用の約束」をお読みください。実技講習の申込については、支援センターまでお越し下さい。


ARVO1420マルチラベルカウンターをご利用のみなさまへ  2011/10/21up

いつもご利用ありがとうございます。
ARVOのコンピューターの調子が良くないので、ハードのチェック、OSの入れ替えなどの修理作業を行います。10/27(木)までにコンピューター内に残されているプロトコールとDataを各自お持ち帰り下さい(FDしかご利用できません)。10/28(金)の朝からOS入れ替えを含む修理作業を行います(今までのプロトコール、Dataはすべて消えます)。
お手数ですが、よろしくお願いいたします。

超遠心機(CP65β)のRP50のローターご利用できます。 2011/09/07up

パッキングを新品に交換しています。

卓上超遠心機、ご利用できます。 2011/09/07up

修理完了しました。ご迷惑おかけいたしました。


超遠心機(CP65β)、ご利用できますがRP50のローターは使用できません 2011/08/30up

ご利用はできますが、RP50のローターはパッキングが切れているので交換するまでご利用できません。 今回の故障はローターを垂直に入れてないことが原因でした。初めて遠心機をご利用される方は、必ず支援センターで使用方法の指導を受けてください。よろしくお願いいたします。

超遠心機(CP65β)、故障のためご利用できません 2011/08/29up

ご迷惑おかけいたします。

卓上超遠心機、故障中のためしばらくご利用できません 2011/08/22up

1~2週間修理にかかります。修理が完了しましたら、H.Pでお知らせいたします。ご迷惑おかけいたします。

8/15(月)支援センター業務、お休みさせていただきます 2011/08/03up

生体動態解析室1~4のご利用については 時間外利用申請を既に済まされており(カードキーをお持ちの方)、HP 上で予約を行った方のみご利用頂けます。上記期間中の機器等のトラブル対応はできかねますので、ご了承の上でのご利用をお願い致します。

CO2インキュベータ―(一時保存用)を導入しました 2011/06/24up

生体動態解析室4に設置しています。初めて使用される方は支援センターまで必ずご連絡下さい。細胞培養の部屋ではありませんので、生体4設置の顕微鏡観察に利用される際など、一時保存用としてのみのご利用になります。

G.W期間中(4/29.5/3~5/5)のご利用について 2011/04/26up

G.W期間中(4/29.5/3~5/5)は、分子生物学実験室に設置されている機器類はご利用できません。生体動態解析室1~4は、時間外申請をされ、カードキーを取得し、H.P上で機器予約をされた方は、ご利用できます。なおスタッフは常駐しておりませんので、いつもして頂いているとは思いますが、機器使用のルールを遵守され、各自の責任でご利用されて下さい。また、5/2(月)と5/6(金)は受託の受付けしております。

リアルタイムPCR(B)の機器予約ができます 2011/04/18up

web上で機器予約をされてご利用下さい。以前から設置しているリアルタイムは(A)になります。(A)は明日(4/19)の午前中にソフトversionが2.0にupしますので、明日の午後からは2台とも全く同じ仕様になります。

機器予約の機器設置配置図、新しくなりました 2011/04/01up

生体1~4の部屋の機器の大移動に伴い、機器設置配置図を新しくしました。更新ボタンをクリックしてからご覧ください。ご利用される機器の場所をご確認下さい。

H23年度支援センターご利用について提出書類などのお願い 2011/03/29up

平素より、医学研究院 教育・研究支援センターのご利用に際しまして、ご理解とご協力いただき、誠にありがとうございます。

****平成23年度「利用登録申請書」及び「生体動態解析室時間外利用申請書」提出のお願い**** 医学研究院教育・研究支援センターを利用される方は「利用登録申請書」、また時間外(平日17時以降、土日祝日)に利用される方は「生体動態解析室 時間外利用申請書」の年度ごとの提出が必要です (一年間有効、登録無料)。平成22年度に登録された講座も平成23年4月28日(木)までに、更新の申請書の提出をお願いいたします。なお、今まで時間外のカードキーを使用されていて、更新の手続きがない講座は、5月にカードキーの機能を停止させて頂きます(カードキーの返却が必要ですが、支援センターにて一時預かり、再度利用される際にお使い頂けます)。
利用登録申請書・時間外利用申請書 申込み用紙はこちらから
http://www.med.kyushu-u.ac.jp/kikicenter/riyoushinsei.html
*各講座で複数のプロジェクトが進行していると思いますが、教室責任者名(教授・ 准教授等、支払い責任者)が同じであれば、1枚の用紙にまとめて記入されて結構です。

****機器使用料について****
共焦点レーザー顕微鏡・FACS Calibur・セルソーターのご利用には、機器使用料が発生します。上記機器をご利用される講座は「H23年度機器使用料支払経費申請書」の提出を平成23年4月28日(木)までにお願いいたします。平成22年度に提出された講座も年度ごとの提出が必要です。 機器使用料 支払経費申請書 申込み用紙はこちらから
http://www.med.kyushu-u.ac.jp/kikicenter/shinsei.html

****機器のパソコンの中の個人記録データの消去について****
平成23年4月15日(金)に各機器のパソコンの中の個人記録データを消去いたします。必要な方は前日までにご自分のデータをお持ち帰り、機器のパソコンからデータを消去して下さいますようよろしくお願い申し上げます。なお、支援センターの機器のパソコンには、データを残さないことが原則となっています。

機器の設置場所、大移動しています 2011/03/08up

新しい機器がこれから増えますので、機器の設置場所の模様替えをしています。場所のご確認をお願いいたします。WEBの機器予約の配置図は機器の大移動がひと段落ついてから変更させていただきます。ご迷惑おかけいたしますがよろしくお願いいたします。

・LAS4000、リアルタイムPCR →生体1へ
・クリオスタット →生体2へ
・FACS Calibur、キーエンス蛍光顕微鏡 →生体4へ 

Acknowledgmentsの論文、支援センターに掲示しています 2011/01/28up

reprintを支援センターの廊下に掲示しておりますので、ご自由にご覧ください。読んだ後は、元の場所に戻されてください。また教育・研究支援センターの機器及び施設等(技術指導・受託含む)を利用され、成果を発表される場合には、謝辞(Acknowledgments)を入れていただきますようお願いしておりますが、今までに発表されている方で支援センターに発表論文や印刷物(別刷り等)2部をご提出いただいていない方は申し訳ありませんがご提出お願いいたしま す。支援センター宛にメールで添付して頂いても結構です。よろしくお願いいたします。 論文一覧はこちら
   

ビアコアの解析ソフト、ウィルスチェック用PCに入れました 2011/01/28up

BIAevaluation4.1をビアコア2000の横のウィルスチェック用PCにインストールしています。ビアコア3000・2000両方とも測定したDataをみることが可能です。解析のみの方はこちらをご利用下さい(ウィルスチェック用PCの機器予約必要)。よろしくお願いいたします。
   

生体動態解析室4は生体動態解析室3の隣にあります。 2011/01/27up

新しく生体動態解析室4ができています。今はクリオスタットのみ設置しています。時間外のカードキーが使用可能な部屋です。
   

共焦点レーザー顕微鏡、生体4へ移動のため1/28~2/1までご利用できません 2011/01/20up

ご迷惑をおかけいたします。よろしくお願いいたします。
   

 





Copyright(C)The Research Support Center, Research Center for Human Disease Modeling,
Kyushu University Graduate School of Medical Sciences. All Rights Reserved.