H25(2013)年 お知らせ

年末年始の支援センターご利用について 2013/12/13 up

いつも支援センターのご利用ありがとうございます。12/27(金)~1/5(日)まで支援センター業務をお休みさせいただきます。なお生体動態解析室は、時間外利用申込書を提出され、カードキーをお持ちの方は、この期間でもwebで機器予約の上ご利用できます。ただし、機器等のトラブルには対応できません。共同利用機器ということを認識されてご利用下さい。
●受 託
*マイクロアレイ受託 2013年12月20日(金)申込締切 2014年1月6日(月)受付開始
*シークエンス受託   2013年12月26日(木)申込締切 2014年1月6日(月)受付開始
●機 器
12/26(木)大掃除をしますので、機器のご利用はご遠慮ください。
どうぞよろしくお願いいたします。


StepOne Plus(リアルタイムPCR)を導入しました 2013/12/01 up

機器の詳細はこちらをご覧下さい。事前に実技講習会の受講が必要です。ご利用希望の方は支援センターまでご連絡下さい。

リアルタイムPCR7500とStepOne Plusの利用上の相違点
  リアルタイムPCR7500 StepOne Plus
利用できる方 standardのキットを使用される方 Fastのキットを使用される方
・アニーリング温度検討したい方
プレートについて ABI純正の0.2mmのプレート ABI純正の0.1mmのプレート
予約時間 3時間まで 2時間まで。primerの温度を
ふりたい方は3時間まで。

アニーリングの温度を6種類ふることができます。隣り合ったゾーンに5℃より大きい設定をすることはできません。

サイトスピン4(集細胞遠心装置)を導入しました 2013/12/01 up

機器の詳細はこちらをご覧下さい。ご利用希望の方は必ず事前にお越しいただき、取扱い説明を受けて下さい。よろしくお願いします。

共焦点レーザー顕微鏡Nikon A1の使用貸借契約終了による機器利用終了のお知らせ 2013/11/11 up

  日頃より、教育・研究支援センターの運営にご理解とご協力いただき誠にありがとうございます。
  共焦点レーザー顕微鏡Nikon A1は、株式会社ニコンインステック社との使用貸借契約により平成22年6月から支援センターに設置しておりましたが、この度この契約が終了し返還することとなりました。平成26年1月末日迄利用することができます。 これに伴い、平成25年12月より共焦点レーザー顕微鏡 Zeiss LSM700を新規導入することとなりました。Zeiss LSM700は、Nikon A1とほぼ同等の仕様を有しております。
  Nikon A1の利用者の方々には、Zeiss LSM700に利用を移行していただくようお願いいたします。12月より随時講習会を開催してご利用できるよう準備させていただきます。
  講習会については予定が決まり次第、別途ご案内申し上げます。利用者の方々には大変ご迷惑をかけ申し訳ありませんが、スムーズな移行ができるよう、できる限り努力いたします。
  どうぞご理解いただきますようお願いいたします。 移行上のご質問等がありましたら、どうぞご遠慮なくお問い合わせください。

 

11/07(木)ベックマンALTRAを廃棄します。 2013/10/16 up

ベックマンALTRAを11/6(水)解体、11/7(木)廃棄処分します。長年にわたり、ご利用ありがとうございました。

11/22(金)14:00~17:00基礎A棟の停電に伴い、機器の利用ができません。支援センター業務も停止させて頂きます 2013/10/16 up

11/22(金)14:00~17:00基礎A棟の点検停電のため、機器のご利用ができません。また支援センターの部屋も使用できませんので、支援センター業務(シーケンスの受付、Data受け渡しなど)も停止させていただきます。17:00~は通常業務に戻ります。ご迷惑をおかけしますが、どうぞよろしくお願いいたします。


H25年度の利用登録申請書等の受付け始めました。ご提出お願いします。 2013/03/04 up

平素より、医学研究院 教育・研究支援センターのご利用に際しまして、ご理解とご協力いただき、誠にありがとうございます。

****平成25年度「利用登録申請書」及び「生体動態解析室時間外利用申請書」提出のお願い**** 医学研究院教育・研究支援センターを利用される方は「利用登録申請書」、また時間外(平日17時以降、土日祝日)に利用される方は「生体動態解析室 時間外利用申請書」の年度ごとの提出が必要です (一年間有効、登録無料)。平成24年度に登録された講座も平成25年4月26日(金)までに、更新の申請書の提出をお願いいたします。なお、今まで時間外のカードキーを使用されていて、更新の手続きがない講座は、5月にカードキーの機能を停止させて頂きます(カードキーの返却が必要ですが、支援センターにて一時預かり、再度利用される際にお使い頂けます)。
利用登録申請書・時間外利用申請書 申込み用紙はこちらから
http://www.med.kyushu-u.ac.jp/kikicenter/riyoushinsei.html
*各講座で複数のプロジェクトが進行していると思いますが、教室責任者名(教授・ 准教授等、支払い責任者)が同じであれば、1枚の用紙にまとめて記入されて結構です。

****機器使用料について****
共焦点レーザー顕微鏡・FACS Calibur・セルソーター・ハイコンテントスクリーニングシステムのご利用には、機器使用料が発生します。上記機器をご利用される講座は「H25年度機器使用料支払経費申請書」の提出を平成25年4月26日(金)までにお願いいたします。平成24年度に提出された講座も年度ごとの提出が必要です。 機器使用料 支払経費申請書 申込み用紙はこちらから
http://www.med.kyushu-u.ac.jp/kikicenter/shinsei.html







Copyright(C)The Research Support Center, Research Center for Human Disease Modeling,
Kyushu University Graduate School of Medical Sciences. All Rights Reserved.