■ トップページ ■ 馬出入門概要 ■ 受入研究室 ■ 申込書ダウンロード ■ 過去の体験入学者の声

このページでは、受入研究室の実施内容を説明します。受講を希望される場合は、申込書ダウンロードページをご覧下さい。
*実施内容に関する質問等は、各研究室の連絡先へお問い合わせ下さい。


研究室No. B1
生体防御医学研究所 ゲノム機能制御学部門 エピゲノム制御学分野
<責任者氏名>
佐々木 裕之(教授)
<担当者氏名>
鵜木 元香(助教)
<連絡先>
電話:092-642-6760
メール:unokimbioreg.kyushu-u.ac.jp
<研究室のホームページアドレス>
http://www.bioreg.kyushu-u.ac.jp/labo/epigenome/
<実施内容>
エピゲノム制御学分野では、細胞の運命決定や恒常性の維持に重要なエピジェネティクスを研究しています。エピジェネティクスは親から受け継いだDNAの塩基配列を維持しつつ遺伝子発現を変化させる仕組みのことで、一卵性双生児の違いから、iPS細胞やクローン動物の作成、細胞のがん化などさまざまな生命現象に関わっています。馬出入門ではエピジェネティクス制御に重要なDNAメチル化の状態を調べる方法や、遺伝子の発現解析、エピジェネティクスに関わる遺伝子のクローニング、ウェスタンブロッティング、免疫染色などのうち1つか2つを体験してもらいます。希望があれば、細胞培養やマウスの解剖などの見学も可能です。毎週火曜日の午前中は論文紹介と研究の進捗状況の報告会をおこなっていますので、ぜひ参加して研究室の雰囲気を感じて下さい。
<受入期間>
3月3日〜29日の間の10日間程度(土日祝は休み。日程や時間は応相談)。
受講人数は2名まで。
受入研究室一覧へ戻る


体験入学「馬出入門」世話人会
九州大学大学院  〒812-8582  福岡市東区馬出3丁目1-1
Copyright(C) MAIDASHINYUMON Kyushu University. All Rights Reserved.