第14回 九州電子顕微鏡技術研究会

平成13年5月12日(土)
アクロス福岡4階国際会議場
(福岡市中央区天神1-1-1)

 第14回研究会は、日本電子顕微鏡学会第57回学術講演会の中の1セクションとして一般市民公開講演会の形で開催されました。そのため、演題は特別講演の3題のみとなっています。

特別講演

物質を創る原子が織りなす世界 九州大学 大学院総合理工学研究院 融合創造理工学部門
   波多 聡
デジタル写真は銀塩を超えたか? −光顕および電顕写真の入力から出力まで− 福岡大学理学部  岩崎 雅行
顕微鏡で見る「いのち」のかたち −身近な動物、植物、原生生物に共通なかたち; その起源と進化− 趣味の形態学者  上原 康生