【 過去の九州電子顕微鏡技術研究会と特別講演 】

(講演者の所属は、講演当時のものです。)

第1回 1988.12.10 特別講演
電子顕微鏡の構造概論
   九州大学工学部  友清 芳二
第2回 1989.8.26 特別講演
試料作製の基礎:金コロイドによる免疫電顕
   九州大学医学部解剖学第一講座  和佐野 公二郎
第3回 1990.8.4 特別講演なし
第4回 1991.8.24 特別講演
成長と老化に伴う結合織線維構築の変化
   九州大学医学部病院皮膚科学教室  今山 修平
第5回 1992.8.29 特別講演
マラリア研究とアメリカの電顕事情
   九州大学医学部解剖学第一講座  中村 桂一郎
第6回 1993.8.21 特別講演
分析電子顕微鏡で何が分析できるか?
   九州大学工学部材料工学科  堀田 善治
第7回 1994.8.20 特別講演
アポトーシスとHIV感染症
   九州大学生体防御医学研究所  田中 和生
第8回 1995.8.26 特別講演
法医学領域における電顕利用法 ―免疫電顕法を中心として―
   産業医科大学法医学教室  北 敏郎
第9回 1996.8.31 特別講演
イメージングプレートを用いたアンチゴライトの電顕的観察
   九州大学理学部  上原 誠一郎
第10回
Anniv.
1997.8.23 特別講演
1.電子エネルギーフィルターを搭載した透過電子顕微鏡によって拡がる新しい研究分野と可能性
   九州大学工学部応用原子核工学科  村松 晶
2.脳腫瘍の形態 ―神経細胞系腫瘍を中心に―
   九州大学医学部脳研外科  西尾 俊嗣、森岡 隆人
3.日本電顕学会技術認定試験の現状と将来をめぐって
   日本電子顕微鏡学会九州支部長  猪口 哲夫
第11回 1998.8.29 特別講演
電子顕微鏡連続切片再構築法による脳局所回路シナプス結合の 免疫細胞化学的形態解析
   九州大学医学部解剖学第三講座  樋田 一徳
第12回 1999.8.28 特別講演
X線エネルギー分散型分光法による薄膜試料の分析
   九州大学超高圧電子顕微鏡室  渡辺 万三志
第13回 2000.8.26 特別講演
光受容膜の微細構造
   東京大学名誉教授  山田 英智
第14回 2001.5.12 特別講演
1.物質を創る原子が織りなす世 界
   九州大学工学部  波多 聡
2.デジタ ル写真は銀塩を超えたか? −光顕および電顕写真の入力から出力まで−
   福岡大学理学部  岩崎 雅行
3.顕微鏡で見る「いのち」のか たち  −身近な動物、植物、原生生物に共通なかたち; その起源と進化
   趣味の形態学者  上原 康生
第15回 2002.8.24
特別講演
ゼブラフィッシュの体表模様について
   九州大学医学部附属病院 中央形態分析室 技官 金丸孝昭
第16回 2003.8.30 特別講演
電顕組織細胞化学の技術        Q&A
   長崎学大学院・医歯薬学総合研究科・顎口腔細胞生物学分野
     助手 和泉伸一
第17回 2004.9.04
特別講演
1.九州大学超高圧電子顕微鏡室の歴史と展望
 九州大学産学連携センター 特任教授 木下 智見
2.ヒゲにまつわる神経終末の立体構造解析
 明治鍼灸大学鍼灸学部 解剖学教室 講師 榎原 智美
第18回 2005.8.28
特別講演
1.これまでの研究とこれからの課題」 
   久留米大学 解剖学・顕微解剖教授 中村 桂一郎
2.カーボンナノチューブ
   九州大学 先導物質化学研究所 助教授 吾郷浩樹
第19回
2006.9.16
特別講演
「脳の中に広がるもう一つの神経細胞ネットワーク」
            −電顕が明らかにしたギャップ結合による樹状突起の密な網−
九州大学大学院医学研究院 神経形態学 助教授   福田 孝一
第20回
2007.9.8
特別講演
1.「顕微鏡でみる身近なかたち」     元 熊本大学教授 上原康生
2.「目刺しから鰯へ:超薄切片法の進歩」 九州大学名誉教授 天児和暢
第21回
2008.12.6
(顕微鏡学会・九州支部とのコラボ開催)
特別講演-1
  「生物のかたち -顕微鏡観察のおもしろさ-」
    出崎 順三 先生 (愛媛大学大学院医学系研究科統合医科学講座 講師)

特別講演-2
「クライオ電子顕微鏡法の現状と将来」
     安永 卓生 先生  (九州工業大学大学院 情報工学研究院 生命情報工学系 教授)

 特別講演-3
  「金ナノロッドの光学特性と光応用技術 -フォトニクスからバイオまで」
    山田 淳 先生   (九州大学大学院工学研究院、九州大学未来化学創造センター 教授)
第22 回
2009.9.12

特別講演
1.水素エネルギー技術の現状と電顕研究への期待
  佐々木一成 教授  (九州大学・水素利用技術研究センター長 他)
2.材料力学場設計による細胞機能制御:メカノバイオマテリアルの創製
  木戸秋 悟  教授  (九州大学・先導物質化学研究所 生命分子化学分野 他)
第23 回
2010.9.4
特別講演
1.精子の先体反応を巡って
  星 元紀 教授(放送大学)
2.微視的構造の観察に基づいた骨の機能的適応現象に関する研究
  藏田 耕作 准教授 (九州大学大学院工学研究院機械工学部門)
<要旨>
第24 回
2011.5.18
(日本顕微鏡学会・ワークショップ)
1.電子顕微鏡画像への第一歩 〜光学顕微鏡画像との連関〜
   福岡大学 医学部 医学科 細胞生物学
    上原 清子 先生
2.神経回路解析における細胞標識の重要性
    川崎医科大学 解剖学
    樋田 一徳 先生
<要旨>
第25回
2012.9.8
特別講演
SEM でTEM 像? 樹脂包埋生物標本のSEM 組成観察による2D・3D 構造解析
 太田啓介(久留米大学医学部解剖学講座)
<要旨>
第26回
2013.9.7
特別講演
レプトスピラ感染症 〜 ワイル病病原体発見から百年 〜
演者:齋藤光正1、宮原 敏1、金丸孝昭2、吉田眞一1
所属:1九州大学大学院医学研究院細菌学分野、2九州大学病院中央形態分析室
要旨
第27回
2014.9.6
特別講演
ハイブリッドSEMへの挑戦
演者:金丸 孝昭
所属:九州大学病院 中央形態分析室
要旨
第28回
2015.9.5
特別講演
1)「レーザースペックル揺動を利用した細胞観察」
     平川 靖之 教授 (久留米高専)
要旨
2)「物理学から見た苔防止法」         
     吉田 聡 先生 (日揮触媒化成) 
要旨
第29回
2016.9.3
特別講演
「電子顕微鏡で材料を解析するということ」
     金子 賢治 教授 (九州大学工学部)
要旨
第30回
2017.8.19
特別講演
1)「電子顕微鏡と過ごした40余年」
     友清 芳二 名誉教授 (サイエンス福岡クラブ代表)
要旨
2)「細胞の声を聴こう」         
     藤田 守 客員教授 (久留米大学医学部 解剖学講座) 
要旨