随時、新入医局員を広く募集しております。
我が国で最初に設立された神経内科であり、研究においても世界の最先端を行く当科で科学の大発展の潮流に身を投じてみませんか?
神経内科に興味のある方の短期研修の受け入れも行っております。まずはお気軽にご連絡下さい。

 

ご注意

医局長



最新の情報

最新の情報



第55回日本神経学会学術集会 英文写真記録集を作成いたしました。
一般演題を発表された会員の方で配布の希望がございましたら、こちらからお申込み下さい。

神経内科とは

特殊検査に関する重要なお知らせ

生化学的検査・免疫学的特殊検査・抗aquaporin-4(AQP4)抗体測定の申込はこちらの案内をご覧ください。


神経内科とは

脳・脊髄・末梢神経・筋肉などの病気の診断と治療を行います。神経内科で診る主な症状には、もの忘れ(認知症、多発脳梗塞)、頭痛(片頭痛、緊張型頭痛)、手足のしびれ・脱力(脳卒中、多発性硬化症、頚椎症、運動ニューロン病、末梢神経障害)、ふらつき・めまい・歩行障害(小脳失調、脳卒中、パーキンソン病)、けいれん・気を失う(てんかん、脳炎、脳出血)、ふるえ・筋硬直(パーキンソン病、本態性振戦)などがあります。このような症状が出たときには神経内科を受診してください。

【九大神経内科学教室の理念】

当神経内科は日本で最初に設立された、日本で最も伝統のある神経内科学教室です。大学病院の神経内科として、日本で最高レベルの医療を提供し、神経内科の卒前・卒後教育を実施し優れた神経内科専門医の育成に努めます。さらに大学院大学の脳神経病研究施設の神経内科部門として患者さんへ還元できる独創的な臨床研究・先端医療の開発を行います。

【九大神経内科の診療方針】

神経内科の病気にはわかりにくい病気、難しい病気が多いので、患者さんにやさしい診療、丁寧な診察とわかりやすい説明を心がけています。大学病院として日本で最先端の神経内科の高度先進医療を地域格差なく全ての方に提供し、地域医療機関と連携してお住まいの地域に安心してお帰りになることができるよう努力いたします。