第190回日本神経学会九州地方会

主催:大分大学医学部第3内科
    熊本 俊秀  教授


今般日本神経学会九州地方会を下記要領で開催いたします。多数ご参会下さい。

日時:平成22年6月5日(土)
場所:大分大学医学部 臨床大講義室
   大分県由布市挟間町医大ヶ丘1-1

   会場までの地図はこちら

【演題申込みについて】 ※E-mai、郵送をご利用下さい※
縦10cm、横13cmの枠内に演題、出題者、所属、講演要旨(432字)をワープロにて作成して、郵送もしくは電子メールにて下記にお送り下さい。演題受領後、確認のメールを返送いたします。申込後、2週間を過ぎても連絡がない場合はお知らせください。プレゼンテーションはPCプレゼンテーションに限らせていただきます。動画使用予定の方は、抄録送付時に付記して下さい。演題は2題以内にお願いします。

締切:平成22年5月7日(金)(必着)
宛先:〒879-5593
    大分県由布市挟間町医大ヶ丘1-1
    大分大学医学部総合内科学第3講座
    熊本 俊秀

メールアドレス: naika3@med.oita-u.ac.jp

注意)演者で非会員の方は至急入会の手続をおとり下さい。
認定更新単位について…
地方会参加者   → 3単位
地方会演者     → +2単位(合計5単位)

〔プログラム〕
こちらでご確認いただけます。→プログラム(PDF)


〔第190回日本神経学会九州地方会世話人会 議事 〕
こちらでご確認いただけます。→議事録(pdf版)



〔第190回日本神経学会九州地方会 会長推薦演題 〕

「新規のsenataxin遺伝子変異(R2136C)によるALS4の1例」 
九州大学大学院 医学研究院神経内科学  雑賀 徹 先生