第201回日本神経学会九州地方会

平成24年度九州地区生涯教育講演会

主催:福岡大学神経内科
坪井 義夫 教授

《第201回 日本神経学会 九州地方会》
期日:平成25年3月16日(土)午前9時00分~午後17時00分
    (受付開始時間 午前8時30分 なお、時間は演題数により変更する場合があります)
会場:福岡大学メディカルホール(福岡大学病院)
    〒814-0180 福岡市城南区七隈7-45-1
    TEL:092-801-1011(代表)
    (世話人会は同ホール内、同窓会ラウンジで行います)
会費:非会員は1,000円 

【演題申込みについて】
※E-mailをご利用下さい※
縦10cm、横13cmの枠内に演題、出題者、所属、講演要旨(432字以内)をワープロにて作成して、下記E-mail宛にMS Wordまたはテキスト形式で添付の上お送り下さい。
また、特殊文字を使われる場合はお手数ですがファックス(092-865-7900)もお送りください。演題受領後、確認のメールを返送いたします。申込後、2週間を過ぎても連絡がない場合はお知らせください。プレゼンテーションはPC(Windows PowerPoint)に限らせていただきます。動画使用予定の方は、抄録送付時に付記して下さい。演題は各施設2題以内にお願いします。

締切:平成25年2月12日(火)(必着)
メールアドレス:shinkei@fukuoka-u.ac.jp

宛先:〒814-0180
福岡市城南区七隈7丁目45-1 
福岡大学医学部神経内科 坪井 義夫
Tel:092-801-1011(内線3525) Fax:092-865-7900
注意)演者で非会員の方は至急入会の手続をおとり下さい。 


〔プログラム〕
こちらでご確認いただけます。→プログラム(PDF)

〔第201回日本神経学会九州地方会世話人会 議事 〕
こちらでご確認いただけます。→議事録(pdf版)


〔第201回日本神経学会九州地方会 会長推薦演題 〕※4月2日更新
セッション1:「1. 食道静脈瘤に対する内視鏡的硬化療法中に奇異性塞栓による脳梗塞を発症した1例」
済生会福岡総合病院 神経内科・脳血管内科 中垣 英明 先生

セッション2:「9. うっ血乳頭で発症し診断まで時間を要した硬膜動静脈瘻の2例」
熊本大学 神経内科 中西 俊人 先生

セッション3:「12. Perry症候群の1剖検例」
佐賀大学 神経内科 岡 孝之 先生

セッション4:「20. 慢性進行性の運動障害を主徴とする多発性単神経炎を呈したシェーグレン症候群の1例」
九州大学大学院医学研究院 神経内科学 齋藤 万有 先生

セッション5:「26. HSV-2感染による髄膜脳炎・視神経網膜炎の1例」
福岡大学 神経内科 木村 聡 先生

セッション6:「28. 低容量ピル内服中に発症しプロテインS低下の関与が疑われた若年性脳梗塞の一例」
済生会福岡総合病院神経内科・脳血管内科 頼田 章子 先生

セッション7:「35. 複視と異常感覚で発症した脈絡膜嚢胞の一例」
飯塚病院 神経内科 前田 教寿 先生

セッション8:「40. 筋生検でcaveolin-3のモザイクパターンを認めた家族性Rippling Muscle diseaseの一症例」
NHO大牟田病院 神経内科 後藤 和也 先生

セッション9:「46. 続発性水頭症とKorsakoff症候群を生じた神経サルコイドーシスの1例」
熊本市民病院 神経内科 俵 望 先生


《平成24年度日本神経学会九州地区生涯教育講演会》

日時:平成25年3月17日(日)9時30分~13時(予定)

場所:福岡大学メディカルホール(福岡大学病院)
    〒814-0180 福岡市城南区七隈7-45-1
    TEL:092-801-1011(代表)
参加費:4000円

認定更新単位について…
2012年7月の神経学会理事会におきまして、「地方会の生涯教育講演会は、1時間当たり、会費1000円で認定単位1単位」となりました。
生涯教育講演会参加者 → 4単位

〔プログラム〕※2013年1月17日更新
こちらでご確認いただけます。→プログラム(PDF)

申込方法:当日参加方式ですので、事前申込は必要ありません。

事務局:
〒812-8582 福岡市東区馬出3-1-1
九州大学医学部神経内科内  
日本神経学会九州地方会事務局

Tel:092-642-5340  Fax:092-642-5352
ktihokai@neuro.med.kyushu-u.ac.jp