教官氏名(読み)吉良 潤一 (きら じゅんいち)
現職九州大学大学院医学研究院 脳研 神経内科学 教授
免許関係 日本神経学会認定 神経内科専門医、神経内科指導医
日本内科学会認定医、指導医
日本認知症学会専門医
日本脳卒中学会専門医
日本頭痛学会専門医
取得学位医学博士
所属学会 日本神経学会(理事)、日本自律神経学会(理事)
日本神経免疫学会(理事)
日本末梢神経学会(理事)、日本内科学会、日本脳卒中学会
日本ウイルス学会、日本免疫学会、日本アレルギー学会
日本神経病理学会
日本神経治療学会(評議員)、日本神経学会九州地方会(世話人)
日本神経ウイルス研究会(評議員)、日本神経感染症研究会(評議員)
日本臨床神経生理学会、日本頭痛学会(評議員)
日本内科学会九州地方会(評議員)
認知神経科学会
American Neurological Association(corresponding member)
Pan-Asian Comittee on Treatment and Research in Multiple Sclerosis(Scientific committee chairman)

【ひとこと】

  神経内科は、脳卒中、頭痛などのとても多い病気から、パーキンソン病、筋萎縮性側索硬化症、多発性硬化症などの神経難病まで幅広い領域の患者さんを対象にしています。 筋ジストロフィー症や筋炎など筋肉の病気、糖尿病に伴う末梢神経の障害、頚椎症などによる脊髄の障害などももちろん診療しています。 関連病院や診療所と連携して高度の先進医療から在宅療養まで継ぎ目のない診療を目指しています。
  また幅広い診療分野に対応して、神経内科の様々な領域の専門家がいますし、九大脳研の臨床神経生理部門と密な連携がありますので、専門医をめざす若手医師にはとても勉強になると思います。
  2008年は、国際連携を深めたいと思っています。さらに、大学病院にしかできない先端医療の開発に力を入れたいと考えています。 初期臨床研修必修化に伴い入局者が減って大変困っていましたが、最近やっと回復してきつつありますので、今後は大学院生を中心に先進的な研究にチャレンジしていきたいと願っています。