教官氏名(読み)重藤 寛史  (しげとう ひろし)
卒業年度 平成元年,1989年
所属部局名 九州大学病院 神経内科
職名 講師
取得学位医学博士
専門分野神経内科学,臨床神経生理学,てんかん,睡眠
免許関係 日本内科学会認定医、指導医
日本神経学会専門医、指導医
日本認知症学会専門医
日本睡眠学会認定医
日本てんかん学会専門医
日本臨床神経生理学会認定医
研究活動 1)てんかん学の臨床症候(ビデオ脳波モニター)および脳磁図によるてんかん性放電の解析
2)てんかん動物モデルの作成,動物モデルを用いたてんかん治療の開発
3)睡眠時無呼吸やナルコレプシー,睡眠異常などを対象とした睡眠モニターの結果解析
4)症例報告など神経内科学における臨床的研究。
教育活動 概説講義および臨床実習における医学生教育・指導など
社会活動概要 大学病院における神経内科部門の診療
大学病院ブレインセンター主任
所属学会 日本神経学会,日本内科学会,日本てんかん学会,日本臨床神経生理学会,日本睡眠学会,日本神経心理学会,日本神経治療学会,日本認知症学会

【ひとこと】

 神経内科の診察は,検査データを見るだけでは駄目で,神経所見はもちろんのこと,患者さんの全身状態,意識状態,覚醒状態を考慮しながら診察する必要があり,職人芸的なところがあるのが魅力的です.入局当時は「これからは神経疾患を治していく時代だ」と言われていましたが,まさにそれが現実になってきていると思います.臨床と研究のどちらの道も選択できる分野と思います.