施設・所属名九州大学病院神経内科・脳研神経内科
プログラム名九州大学神経内科研修プログラム
受け入れ人数 1学年あたり8名まで
研修責任者吉良 潤一

【卒後研修プログラム】

  2年間の研修期間を終えて神経内科に入局すると、1年目は九大病院で神経内科の研修を行います。ここで多くの神経内科疾患を経験し、筋電図、誘発電位、脳波、頚部エコーなどの特殊検査の手技を身につけます。 2年目および3年目では、九大病院かあるいは関連病院の神経内科で神経内科の臨床に従事して研鑽を続けます。大学での臨床を行う期間には神経病理、神経生理、神経免疫、神経生化学、神経放射線など、希望に応じてローテートして、興味のある分野をより深く学んだり、研究したりするコースを設けています。 入局4年目からは、原則的に研究の分野に進むようにしています。大学院に進学するか、研究生として研究に従事します。大学院進学は原則的に入局4年目以後となっていますが希望に応じてそれより早く進学することもできます。日本神経学会専門医試験は卒後6年目以降に受験可能です。

研修項目研修場所・内容研修期間
神経内科1年目(臨床実習を終えた3年目に相当します)
臨床神経学九州大学病院神経内科にて担当医12ヶ月
神経内科2年目(3年目のプログラムと入れ替わることがあります)
下記のうちいずれかの組み合わせで選択
神経生理学九州大学脳研臨床神経生理にて指導医のもとで研修3ヶ月
神経病理学九州大学脳研神経病理にて指導医のもとで研修3ヶ月
神経免疫学九州大学脳研神経内科神経免疫研究室にて指導医のもとで研修3ヶ月
神経化学九州大学脳研神経内科神経化学研究室にて指導医のもとで研修3ヶ月
神経放射線学九州大学病院放射線科神経放射線にて指導医のもとで研修3ヶ月
臨床神経学九州大学病院神経内科にて担当医6ヶ月
神経内科3年目(2年目のプログラムと入れ替わることがあります)
臨床神経学九州大学病院神経内科にて指導医(チーフレジデント)12ヶ月
臨床神経学関連病院神経内科にて担当医12ヶ月
神経内科4年目
大学院九州大学大学院にて臨床と研究に従事12ヶ月
研究生九州大学脳研にて臨床と研究に従事12ヶ月
臨床神経学関連病院神経内科にて担当医12ヶ月