各医療機関が連携・研究
最適な診療のあり方を構築

Hospital 福岡県認知症・脳卒中広域臨床研究プロジェクト設立趣旨

 

 九州大学病院では2010年から新たに、「広域ネットワーク型臨床研究推進事業」がスタートいたしました。特定の疾患に対し大学病院が地域医療機関と連携して、地域に根ざした膨大な臨床データを活用することが目的です。

 私たち神経内科の提案した『福岡県認知症・脳卒中広域ネットワーク事業』も採択され、認知症・脳卒中・多発性硬化症の3疾患を対象とした大規模多施設共同臨床研究が始まりました。2011年度からは本院と地域医療機関を結び、オンラインでデータベースを共有できるようになります。各疾患に対するアプローチ方法の確立をめざすとともに、このプロジェクトを通じ大学病院と地域医療機関との連携がさらに深まれば、地域のみなさまにより緻密かつ満足度の高い医療を提供することができると考えています。将来の各疾患診療、地域医療の発展に貢献できるよう取り組んでまいります。
=====

 現在はネットワークの構築準備、研修会によるレベルアップを図っているところです。どうぞご指導ご支援をよろしくお願い申し上げます。