教育活動 2011年ー2016年

定 期 勉 強 会

医局会
対象:神経病理医局員
日時:毎週火曜日 9:40-12:00
場所:臨床研究棟B棟2F会議室
内容:研究発表・抄読会・剖検症例検討

脳腫瘍カンファレンス
対象:脳外科・神経病理・一般病理・放射線科・小児科合同
日時:毎週月曜日18:30-
場所:病院南棟7Fカンファレンスルーム
内容:脳腫瘍生検例の病理組織診断と治療方針の検討

日本神経病理学会九州地方会
対象:学内外
日時:年2回
場所:学内カンファレンスルーム(変更あり)
内容:神経疾患や脳腫瘍の剖検症例および生検標本の病理学的検討会


2016年

医学部生命科学科卒業論文発表

平成28年2月12日(金)

 







2015年

医学部生命科学科ポスター発表

平成27年10月23日(金)

 

2014年

生命科学科学部生 ポスター発表

平成26年10月24日(金)

 

大学院医系学府博士過程 学位記授与

平成26年9月26日(金)

 

九州大学オープンキャンパス 研究室訪問

平成26年8月4日(月)

以下、ニュース記事↓↓

大学進学を目指す高校生らが、最新の研究などについて学ぶオープンキャンパスが、
九州大学で行われました。
福岡市東区にある九州大学の病院キャンパスで開かれたオープンキャンパスでは、
進学を目指す高校生などに、医学部と歯学部、それに薬学部がそれぞれ説明会を開きました。
医学部生命科学科の説明会には、高校生や保護者など約200人が参加し、
カリキュラムや卒業後の進路などについて説明を受けたあと、
赤血球や白血球を作り出す「造血幹細胞」と呼ばれる細胞の仕組みを解き明かす、
最新の研究について講義を受けました。
このあと参加者たちは、グループに分かれて学科の研究室を訪れました。
このうち、脳の病気について研究している鈴木諭准教授の研究室では、
アルツハイマー病にかかって、正常に働かなくなった脳の神経細胞を電子顕微鏡で観察したり、
標本を取り出す装置を見学したりしました。
参加した高校生たちは、興味深そうに説明を聞いていました。
福岡市の高校2年の女子生徒は「医学の道に進んで、
患者さんが元気に家に帰れるようなお手伝いをしたいと思いました。
4日の経験を糧にこれから勉強を頑張ります」と話していました。

医学部学生実習 病理ミュージアム見学

平成26年4月2日(水)

 

 

 


2013年

人体病理ミュージアム一般公開

平成25年11月15日(金)・16日(土)

 

コアセミナー

平成25年7月11日(木)

 

研究室配属

平成25年7月9日(火)

 

2012年

人体病理ミュージアム一般公開

平成24年11月16日(金)・17日(土)

社長社長社長

「日本神経病理学会九州地方会のお知らせ」
  終了いたしました ありがとうございました

第102回日本神経病理学会九州地方会

日時:平成24年11月3日(土)14:00~17:00
場所:九州大学病院地区臨床研究棟共通棟1階カンファレンスルーム
演題:
(1)多形な病理組織像を伴った大脳限局性星細胞腫の二症例
杉田保雄1)、中村慎治1)、成毛有紀2)、伊東正博2)、戸田啓介3)、馬場啓至3)
1)久留米大学医学部病理学、2)長崎医療センター病理、3)長崎医療センター脳神経外科

(2)Papillary glioneuronal tumorの一例
林洋子1),岩崎啓介2),井関充及3),上之郷眞木雄4)
1)長崎大学大学院医歯薬学総合研究科探索病理、2)佐世保市立総合病院病理診断科、3)佐世保共済病院病理診断科、4)佐世保市立総合病院脳外科

(3)IgG4関連肥厚性硬膜炎疑いの一生検例
西平靖、松本奈央、長谷川樹里、遠藤一博
豊見城中央病院 神経内科

(4)全経過33年のHTLV-1関連脊髄症の一剖検例
阪口紫乃1)、鈴木諭1)、藤井直樹2)、岩城徹1)
1)九州大学大学院医学研究院神経病理、2)大牟田病院神経内科

(5)記銘力障害を主症状とした、progranulin変異を有する FTLD-TDPの一剖検例
久我弘典1,2)、杠岳文1)、猪股晋作1)、高島由紀1)、橋本学1)、長谷川成人3)、齋藤祐子4)、有馬邦正4)
1)肥前精神医療センター2)九州大学大学院医学研究院精神病態医学分野、3)東京都精神医学総合研究所、4)国立精神・神経医療研究
センター病院

(6)心筋症を伴ったdysferlinopathy (LGMD2B)の一剖検例
本田裕之1)、渡邊暁博2)、藤井直樹2)、鈴木諭1)、岩城徹1)
1)九州大学大学院医学研究院神経病理、2)大牟田病院神経内科

--------------------
世話人
九州大学大学院医学研究院神経病理学 岩城 徹
TEL:092-642-5537
FAX:092-642-5540
E-mail:iwaki@np.med.kyushu-u.ac.jp
--------------------

歯学府課程博士学位記授与式・学部生卒業学位記授与式

平成24年3月27日(火)

 






医学部生命科学科卒業式

平成24年3月26日(月)

社長
卒業研究で配属になった生命科学科4学年生:神経病理学研究室にて

科学英語Ⅱにおける研究成果発表会  百年講堂にて

平成24年2月3日(金)







医学部生命科学科3年生による早期研究室体験実習での成果をもとに、英文レポート作成と、
英語ポスター展示・発表会が行われました。

生命科学科卒業論文発表会 総合研究棟セミナー室にて

平成24年2月1日(水)







医学部生命科学科第二期生の卒業論文発表会が行われました。
卒業研究は4年次から研究室に入り、教授・教員の指導を受けながら取り組んだ結果をまとめたものです。
発表会では発表時間に加え、質問の時間も割り振られ、各研究室の先生方を交え、活発な質疑応答がなされました。
2011年


人体病理ミュージアム一般公開

平成23年11月11日(金)・12日(土)


当大学のホームページでも、公開の様子がご覧頂けます

陽明大学医学部生と病理ミュージアム見学  

平成23年7月20日 (水)

医学部新入生病理ミュージアム見学

平成23年4月14日 (木)


医科学博士課程 , 修士課程学位記授与式・学部生卒業学位記授与式 , 卒業祝賀会

平成23年3月24日(木)

科学英語Ⅱにおける研究成果発表会 百年講堂にて

平成23年2月4日 (金)


医学部生命科学科3年生による、早期研究室体験実習での成果をもとに、 英文レポート作成と、
英語ポスター展示・発表会が行われました。

生命科学科卒業論文発表会 総合研究棟セミナー室にて

平成23年2月2日(水)


医学部生命科学科第一期生の卒業論文発表会が行われました。卒業論文は、4年生もしくは3年生になってから研究室に入り、 教授・教員の指導を受けながら、研究に取り組んだ結果をまとめた 論文で、発表会では、各自の発表時間に加え、質問の時間も割り 振られ、各研究室の先生方を交え、活発な質疑応答がなされました。

修士論文公開審査  脳研会議室にて

平成23年1月26日(水)

審査終了後、岩城教授・教室員と共に