小児外科について

HOME > 小児外科について > 教授挨拶

関連リンク

教授挨拶

九州大学大学院医学研究院小児外科学分野 教授  田口 智章

我々は「こどもを安心してまかせられる外科医」をモットーとし、小児の手術を必要とする病気を広く取り扱っています。対象年齢は胎児(出生前診断例)から18歳までが主な対象ですが、小児外科特有の病気はcarry overで大人になってもずっと診ています。

社会的なニーズとしまして、少子高齢社会において、少ない子どもをいかに社会に貢献できるように育てるかというのが小児医療に従事するものの使命と思っています。Intact survivalを大前提とし、良好なQuality of lifeをめざした小児外科の診療および研究、小児外科をめざす新進気鋭の青年医師の育成に努めたいと思っています。

我々が対象とする疾患は小児の外科的疾患で、新生児外科、小児肝・小腸移植、小児消化器外科、小児呼吸器外科、小児悪性固形腫瘍、小児泌尿器外科、小児鼠径部疾患(鼠径ヘルニア、陰嚢水腫)などです。

九州大学小児外科は1976年10月に診療科としてスタートし、1979年10月に我が国の国立大学のなかで最初の小児外科学講座になりました。 初代教授は池田恵一先生(九州大学名誉教授)、二代目教授は水田祥代先生(前九州大学理事・副学長・九州大学名誉教授・前九州大学病院長)で、私は三代目になります。

また1989年10月から九州大学病院周産母子センター(2008年4月より総合周産期母子医療センター)が発足し、その一翼の新生児外科部門を担当しています。出生率低下に拘わらず新生児外科症例数は増加していますが、死亡率は年々低下し現在10%以下になっています。しかしそのなかで未だ死亡率が高い疾患が横隔膜ヘルニアです。我々はその生存率をあげるべくFetal stabilization、ECMO、HFO、NO、gentle ventilationなど駆使し、集学的治療により著明な生存率の向上が得られています。最近6年間(2004-2010)の横隔膜ヘルニアの救命率は91%(35例中32例生存)と世界に誇れる成績です。

小児肝臓移植は消化器・総合外科と合同で現在まで74症例に対して76回(2013年4月現在)に実施し、生存率は約90%と良好な成績です。小腸移植は脳死移植認定施設に承認され、先日九州で初となる脳死ドナーからの小腸移植を行いました。

はじめて小児外科を受診するかたもセカンドオピニオンで受診するかたも、広く受け入れておりますので、どうぞ気軽にご相談下さい。もちろん急患は24時間対応できる体制を整えています。

ページ上部へ

略 歴

昭和54年(1979)3月
九州大学医学部卒業
昭和54年(1979)6月
大分県立病院研修医(外科)
昭和55年(1980)4月
九州大学附属病院研修医(小児外科・救急部)
昭和56年(1981)4月
九州大学大学院外科系(病理)入学
昭和60年(1985)3月
同上 修了(医博 甲640号)
昭和60年(1985)4月
九州大学附属病院医員(小児外科)
昭和62年(1987)4月
九州大学助手(小児外科)
昭和62年(1987)10月
カナダ国マックギル大学・モントリオール小児 病院Postdoctoral fellow
平成7年(1995) 4月
九州大学講師(小児外科)
平成9年(1997)3月
文部省在外研究員 (ピッツバーグ小児病院移植外科Visiting fellow)
平成10年(1998)10月
九州大学助教授(周産母子センター)
平成18年(2006)1月
九州大学大学院医学研究院 教授(小児外科学分野)
平成18年(2006)4月
九州大学病院MEセンター長
平成18年(2006)4月
九州大学病院小児医療センター長(〜平成20年3月)
平成19年(2007)4月
九州大学病院周産母子センター長(〜平成20年3月)
平成20年(2008)4月
九州大学病院総合周産期母子医療センター長(〜平成21年3月)
平成22年(2010)4月
九州大学病院小児医療センター長
平成25年(2023)4月
九州大学病院総合周産期母子医療センター長

ページ上部へ