小児外科について

HOME > 研究紹介 > 新生児・呼吸器・輸液栄養代謝

新生児・呼吸器・輸液栄養代謝

新生児・呼吸器・輸液代謝栄養グループ 研究紹介

新生児外科領域において、特に先天性横隔膜ヘルニアは現在も予後不良な疾患であり、胎児期の横隔膜欠損過程や合併する肺の低形成の成因については現在もまだ解明されておらず、当グループの重要な研究テーマとなっています。

当グループでは、肺の低形成を引き起こすメカニズムの解明を大きな柱として、胎児肺における細胞増殖因子や細胞外マトリックスの関与についての病理学的・分子生物学的研究を行っています。

また、新生児における手術侵襲や胎児麻酔が生体に及ぼす影響についての研究を行い、これらにより得られた知見を積極的に臨床の場において活用することで患児の生命予後の向上に努めています。

また、輸液代謝栄養関係では、短腸症候群における栄養管理や静脈栄養に伴う肝障害の成因の解明などをめざしており、臨床の場での患児の輸液・栄養管理を積極的に行っています。

ページ上部へ