研修医の皆様へ

HOME > 研修医の皆様へ

関連リンク

研修医の皆様へ

九州大学大学院医学研究院小児外科学分野では初期臨床研修、後期臨床研修を積極的に受け入れています。小児外科では様々な希望に対応できるように研修プログラムを用意しています。

初期臨床研修

九州大学臨床研修センタープログラムの研修制度を選択された場合、いくつかの選択肢がありますが、平成22年度からの当院での小児外科の研修は1年目の選択必修外科系からの選択(1か月または2か月)、2年目は選択科として(3か月から最大11か月まで)の選択が可能です。研修制度が毎年のように変わっており、研修医の皆さんにはできるだけ個人の希望に沿うように、研修センターとよいプログラムを考えていきたいと思っています。

後期臨床研修

九州大学病院およびその研修関連施設(表)での研修となります。この期間に一般外科や麻酔研修などの外科医としての基礎的に必要な資格、技量を身につけて、卒後5年目を目標に日本外科学会専門医取得を目指していただきます。取得後は日本小児外科学会専門医を目指しさらに臨床研修に研鑽を積んでいただくことになります。また小児外科に必要とされる領域を研修するために当科関連施設以外の他大学病院、他施設とも連携し研修を行うことが可能です(表)。

後期研修終了後

日本小児外科学会専門医を卒後7〜10年での取得を目標に研鑽を積んでいただきますが、この間、大学院に進学して基礎研究をし、医学博士の取得を目指すこともできます。学位取得前後に海外に留学して研究内容をさらに発展させる道も用意されています。これらの様々な経験を積み、日本小児外科学会指導医を卒後15年〜20年で取得することを目標とします。

表:主な臨床研修病院
  • 九州大学病院
  • 福岡市立こども病院
  • 国立病院機構九州医療センター
  • 福岡大学総合周産期母子医療センター
  • 北九州市立医療センター
  • 国立病院機構小倉病院
  • 九州厚生年金病院
  • 麻生飯塚病院
  • 佐賀県立病院好生館
  • 大分県立病院
  • 中津市民病院
  • 下関市立中央病院
  • 防府消化器病センター
  • 愛媛県立中央病院
  • 松山赤十字病院
  • 兵庫県立こども病院
  • 自治医科大学移植外科
  • 県立宮崎病院

お問い合わせは下記、九州大学大学院医学研究院小児外科学分野、医局長までお願いします。

医局長 木下 義晶
TEL:092-642-5573 FAX:092-642-5580
E-mail:kinoppy@med.kyushu-u.ac.jp

ページ上部へ