精神科 専門医制度

九州大学大学院医学研究院 精神病態医学
九州大学病院 精神科神経科

| HOME | 研究会等のご案内 | 専門医制度 |   

更新日 2017-10-04 | 作成日 2008-03-25

  専門医制度について

精神科領域後期研修プログラム

基幹施設名称:九州大学病院精神科神経科

プログラム名:九大精神科専門医研修プログラム

プログラム内容:
九州大学精神科(九大精神科)は講座開設以来100年を超える歴史と伝統をもち、臨床から研究に至る幅広い領域において精神医学の発展に大きな功績を残してきた。現在も日本の精神医療を牽引する存在として、医局員は幅広い領域で活躍している。 基幹病院となる九大病院の精神科は、大学病院精神科としては最大規模の70床のベッドを有し、閉鎖病棟、隔離室、観察室も十分なスペースを確保しており、難治例、身体合併症例などほとんどのケースに対応している。
専攻医は入院患者の主治医となり、教員の指導を受けながら、看護、心理、リハビリテーションの各領域とチームを組み、各種精神疾患に対し生物学的検査・心理検査を行い、薬物療法、精神療法、修正型電気療法などの治療を柔軟に組み合わせ最善の治療を行っていく。研修の過程でほとんどの精神疾患、治療についての基礎的な知識を身につけることが可能である。
また、九州医療センター、小倉医療センター、太宰府医療センター、肥前精神医療センターといった北部九州の主要医療機関を連携施設として有しており、専攻医はこれらの施設をローテートしながら研鑽を積み、臨床精神科医としての実力を向上させつつ、専門医を獲得することが可能である。
さらに、児童思春期や認知症の専門医療機関、精神保健行政機関、単科精神科病院とも連携しており、希望に応じてこれらの施設での研修を行うことにより、さらに幅広い知識を習得することが可能である。
精神医学は、極めて幅広い領域を包含しており、そこには生物学的、心理学的、社会的な次元に加え、実存的・哲学的問題も関与している。複雑を極める精神現象を理解して、治療するため、乳幼児から児童・思春期、壮年期、老年期に至る人間のライフステージすべてに研究のメスを入れ、アプローチも脳科学、分子遺伝学、精神病理学、心理学、社会学など多岐に亘る。この多様性をもって、謎に包まれた心と脳の神秘に肉薄することこそが九大精神科の特色である。

選考医の募集人数:10名予定

応募資格:初期臨床研修修了予定者または初期研修を修了しているもの

応募方法:科長・医局長が履歴書記載内容と面接結果に基づき厳正な審査を行い、採用の適否を判断する。

施設見学について:基本的に回診、医局会のある木曜日ですが、応相談

応募先:〒812-8582
    福岡市東区馬出3-1-1
    九州大学病院精神科神経科
    医局長 中尾智博

お問い合わせ先:E-mailLinkIcon

<精神科領域専門医研修プログラムについて>
・医師(専攻医)は、本専門医研修プログラムへの採用後、研修施設群のいずれかの施設と雇用契約を結ぶこととなります。
・本専門医研修プログラムは、日本精神神経学会による一次審査を通過したものであり、今後日本専門医機構による二次審査を踏まえて修正や変更があり得ることを、予めご承知おきください。

r.jpg