九大精神科 教室研究会

九州大学大学院医学研究院 精神病態医学
九州大学病院 精神科神経科

| HOME | 研究会等のご案内 | 教室研究会 |   

更新日 2016-04-14 | 作成日 2008-03-25

  九大精神科における研究会について

九大精神科教室研究会のご案内

平成18年より、教室研究会を年2回開催しております。これは、研究や臨床的な考察などを研究室の壁を越えて議論しあうことで、教室全体の医学・医療活動を盛んにし、その水準を上げることを目的としています。

第19回九大精神科教室研究会のご案内

精神科教室研究会を下記のように開催致します。

日時:平成28年4月 9日(土)午後1時45分〜4時30分
場所:九州大学病院ウエストウイング1Fカンファレンスルーム

【プログラム】
〈午後1時45分より〉
1. 香月大輔「Affective Reactivity Index(感情反応性指標)を用いた児童青年期の易刺激性に関する調査にむけて」
2. 小原知之「久山町研究のこれまでと最近の動向」
3. 中尾智博「不安と強迫のスペクトラムー臨床と研究の実践ー」
〈午後3時30分より〉
4. 加藤隆弘「社会的ひきこもりに対する多軸的アプローチ:病態理解に基づく心理社会的介入から生物学的アプローチまで」
5. 鬼塚 俊明  「双極性障害の神経生理学的所見」

主催 九州大学大学院医学研究院精神病態医学分野

過去の研究会は、下記のような内容で執り行いました。

第1回精神科教室研究会

第1回精神科教室研究会

日時:平成18年7月29日(土)13時〜17時
場所:九州大学病院ウエストウイング1Fカンファレンスルーム

<プログラム>
 1.神庭 重信 「下田執着気質と現代社会」

 2.川嵜 弘詔 「分子遺伝学研究室の成果と今後の研究方針」

 3.加藤 隆弘 「精神疾患におけるミクログリアの位置づけ」

 4.鬼塚 俊明 「Abnormal brain function in schizophrenia」

 5.本村 啓介 「情動の神経基盤と神経解剖学」

 6.三浦 智史 「ゲノムの多様性の起源」

第2回精神科教室研究会

第2回精神科教室研究会

日時:平成19年2月10日(土)13時〜17時
場所:九州大学病院ウエストウイング1Fカンファレンスルーム

<プログラム>
1. 吉田 敬子「児童青年期精神医学と予防的介入について−周産期からはじまる母子と家族への支援−」

2. 中尾 智博「OCDの臨床症状と神経基盤」

3. 松尾 信一郎「精神科デイケアの現在と今後の方向性について」

4. 川嵜 弘詔「九州大学病院のリエゾン部門の現状と今後の方向性について」

5. 松井 幸子「久山町研究:老年期認痴症の疫学」

6. 黒木 俊秀・長尾 菜穂子「神経伝達物質遊離作用を指標とした第2世代抗精神病薬の分類とその臨床的意義」

第3回精神科教室研究会

第3回精神科教室研究会

日時:平成19年9月29日(土)13時〜17時
場所:九州大学病院ウエストウイング1Fカンファレンスルーム

<プログラム>
1. 神庭 重信「社会脳とその神経基盤」

2. 鬼塚 俊明「統合失調症の社会脳機能-声・顔認知-」

3. 中尾 智博「OCDの亜型分類と治療選択」

4. 溝口 義人「神経免疫調節薬としての向精神薬に関する研究」

5. 後藤 玲央
「統合失調症におけるアデノシンA1受容体遺伝子多型の分子遺伝学的解析」

第4回精神科教室研究会

第4回精神科教室研究会

日時:平成20年2月16日(土)13時〜17時
場所:九州大学病院ウエストウイング1Fカンファレンスルーム

<プログラム>
1. 櫻井 修 「機能神経解剖の手法を用いた情動脳研究」

2. 関田 敦子「認痴症の疫学:久山町研究」

3. 山下 洋 「発達障害の臨床と研究」

4. 長尾 奈穂子「アリピプラゾールの前頭前野ドパミン遊離に対する2つの作用」

5. 横田 謙治郎
「或る統合失調症患者の小話について−ドイツ精神医学像と統合失調症『原』」

第5回精神科教室研究会

第5回精神科教室研究会

日時:平成20年10月4日(土) 13:00〜16:00
場所:九州大学病院ウエストウイング・カンファレンスルーム

<プログラム>
1. 加藤隆弘, 堀川英喜, 溝口義人, 門司晃
  「日本精神神経学会医学奨励賞受賞講演」「ミクログリアを介した統合失調症の病態仮説」

2. 峯田 聖(佐賀精神保健福祉センター)
  「Harvard/NIHにおける私の遺伝研究の歴史−統合失調症の遺伝子を追い求めて」

3. 平野昭吾 「統合失調症、双極性障害者のAuditory Neural Oscillatory Activity」

4. 横田謙治郎 「統合失調症に於ける無いこと/無いことの統合失調症」

5. 神庭重信 「うつ病の内因とはなにか」

第6回精神科教室研究会

第6回精神科教室研究会

日時:平成21年5月30日(土)午後1時〜4時
場所:九州大学病院ウエストウイング1Fカンファレンスルーム

<プログラム>
1. 大橋 綾子 「 能動的および受動的ストレス対処行動の神経基盤 」

2. 光安 博志 「 統合失調症とアデノシン受容体 」

3. 川嵜 弘詔 「 RapGEFファミリー遺伝子と精神疾患 」

4. 小原 知之 「 認知症と耐糖能異常 」

5. 實松 寛晋 「 強迫性障害の治療反応性の検討 」

6. 山下  洋 「 子どもの精神病理と早期環境 -母子相互作用を中心に- 」

7. 西  大輔  災害医療センター
       「 交通外傷患者の精神健康に関するコホート研究 」

第7回精神科教室研究会

第7回精神科教室研究会

日時:平成21年10月3日(土)13時〜16時00分
場所:九州大学病院ウエストウイング1Fカンファレンスルーム

<プログラム>

1.神庭 重信 「双極性障害の経過を表す用語とその定義:国際双極性障害学会タスクフォース報告」

2.堀川 英喜 「抗うつ薬の神経免疫系に対する作用」

3.門司  晃 「精神疾患におけるミクログリアの役割」

4.中尾 智博 「精神療法は脳を変えるか」 

5.平野 昭吾 「双極性障害患者における言語音に対するneural oscillation」

6.吉益 光一  和歌山県立医科大学医学部衛生学 講師
         「児童のADHDと母親の妊娠中のライフスタイルの関連性 –妊娠中の喫煙を中心に–」 

第8回精神科教室研究会

第8回精神科教室研究会

日時:平成22年4月10日(土)午後1時〜6時
場所:九州大学病院ウエストウイング1Fカンファレンスルーム

〈プログラム〉

1. 川嵜 弘詔 「我が国の国際共同治験の現状と課題」

2. 山下  洋 「子どもの外在化障害の診断と治療について」

3. 小田 祐子 「九州大学病院のリエゾン・コンサルテーション・院内相談部門の活動状況と課題」

4. 小原 知之 「久山町研究からみた認知症の予防」

5. 横田謙治郎 「慢性化しない統合失調症」

6. 大橋 綾子 「動物モデルを用いた情動制御機構の 研究」

7. 三浦 智史 「気分障害を対象とした臨床研究について」

8. 高田  篤:理化学研究所 脳科学総合研究センター 精神疾患動態研究チーム
         「ミトコンドリア機能障害仮説に基づいた双極性障害の病態研究」

第9回精神科教室研究会

第9回精神科教室研究会

日時:平成22年10月2日(土)午後1時〜4時
場所:九州大学病院ウエストウイング1Fカンファレンスルーム

<プログラム>
1. 神庭 重信 「 双極スペクトラム概念について 」

2. 本村 啓介 「 精神疾患と片頭痛 」

3. 三浦 智史 「 精神科外来の新規受診患者状況について 」

4. 門司  晃 「 神経炎症のメカニズムを通じた精神疾患の病態生理の理解 」

5. 平野 昭吾 「 統合失調症および双極性障害におけるNeural Oscillation 研究 」

第10回精神科教室研究会

第10回精神科教室研究会

日時:平成23年10月22日(土)午後1時〜4時25分
場所:九州大学病院ウエストウイング1Fカンファレンスルーム

<プログラム>
1. 神庭 重信 「文化と神経科学」

2. 光安 博志 「九州大学病院の入院患者における向精神薬の処方の実態」

3. 村山桂太郎 「症状誘発時における確認強迫と洗浄強迫の脳賦活部位の違いについて」

4. 主藤 順也 「司法精神医学の立ち位置」

5. 錦井 友美 「子どものこころの診療部における最近の取り組み−周産期・乳幼児精神医学の実践−」 

第11回精神科教室研究会

第11回精神科教室研究会

日時:平成24年3月3日(土)14:00〜16:30
場所:九州大学病院ウエストウイング1Fカンファレンスルーム

<プログラム>
1. 上野 雄文 「医療情報化促進事業」

2. 小原 知之 「認知症の疫学調査で明らかになったこと:久山町研究」

3. 柳田  諭 「動物実験による情動脳研究——気分障害との関連から」

4. 三浦 智史 「双極性うつ病、双極性障害維持療法のネットワークメタ解析」

第12回精神科教室研究会

第12回精神科教室研究会

日時:平成24年11月 3日(土)午後1時〜5時10分
場所:九州大学病院ウエストウイング1Fカンファレンスルーム

<プログラム>
1. 小池 桃子 「発達障害をもつ子どもにおける小児科学的なリスク因子の検討-文献的検討と臨床例の分析-」

2. 臼杵 理人 「災害医療センターにおける二つの橋 -リエゾン精神医療とTR-」

3. 田中 和宏 「西アフリカとタイの精神医療について」

4. 主藤 順也  「司法精神医学の立ち位置-実践編-」

5. 中尾 智博  「行動療法研究室の今後の研究計画」

6. 加藤 隆弘 「精神疾患におけるミクログリア仮説検証のためのトランスレーショナル研究」

第13回精神科教室研究会

第13回精神科教室研究会

日時:平成25年4月13日(土)午後1時25分〜4時30分
場所:九州大学病院ウエストウイング1Fカンファレンスルーム

<プログラム>
1. 神庭 重信 「精神病理の器質因と心因:脳と文化の共同構成」

2. 光安 博志 「口腔癌の術後のせん妄」

3. 鬼塚 俊明 「統合失調症研究の最近のトピックス」

4. 小原 知之 「久山研究の近況:頭部MRIを基盤とした認知症・うつ病有病率調査を中心に」

5. 柳田 諭 「情動の神経基盤を求めて:うつ病の動物モデルと抗うつ剤の行動試験について」

第14回精神科教室研究会

第14回精神科教室研究会

日時:平成25年11月 9日(土)午後2時〜4時55分
場所:九州大学病院ウエストウイング1Fカンファレンスルーム

<プログラム>
1. 主藤 順也 「発達障害と司法事例」

2. 島野 聡美 「気分障害における認知機能障害」

3. 岡田 佳代 「脳画像からみた強迫性障害の病態仮説」

4. 香月 大輔 「子どものこころの診療部を受診した児の検討−児童思春期における不安・抑うつについて」

5. 加藤 隆弘 「ミクログリアに焦点付けたモレキュラー&トランスレーショナル神経精神分析学」

第15回精神科教室研究会

第15回精神科教室研究会

日時:平成26年4月26日(土)午後1時30分〜4時
場所:九州大学病院ウエストウイング1Fカンファレンスルーム
<プログラム>        
1. 小原 知之 「認知症の有病率・発症率の時代的変化とその要因:久山研究」

2. 神庭 重信 「DSM-5のPROS AND CONS」

3. 横田 謙治郎「統合失調症はどこからくるのか 
 −懐かしさ(忌まわしさ)を超えた 馴染みの無さより」 

4. 實松 寛晋 「九大精神科強迫性障害専門外来の動向」    

第16回精神科教室研究会

第16回精神科教室研究会

日時:平成26年10月18日(土)午後1時30分〜4時40分
場所:九州大学病院ウエストウイング1Fカンファレンスルーム

<プログラム>
1. 香月 大輔 「NICUを利用した発達障害をもつ子供と養育者についての心理社会的状況の検討」 

2. 平野 羊嗣 「統合失調症の神経活動異常」

3. 扇谷 昌宏・ 佐方 功明 「ヒト体細胞由来直接誘導ミクログリア・ニューロンを用いた精神疾患研究」

4. 本村 啓介 「情動脳研究の動向」

5. 光安 博志 「口腔癌の術後せん妄の危険因子の解析」

6. 三浦 智史 「双極性障害維持薬物療法のネットワークメタ解析」

第17回精神科教室研究会

第17回精神科教室研究会

日時:平成27年5月16日(土)午後4時45分〜6時
場所:九州大学病院ウエストウイング1Fカンファレンスルーム

<プログラム>
1. 鬼塚 俊明 「統合失調症研究の今後の展望」

2. 加藤 隆弘  「精神疾患における免疫栄養仮説—現代うつから社会的ひきこもりまで—」

3. 本田 慎一 「強迫問題におけるセロトニン関連遺伝子多型、ドパミン関連遺伝子多型と脳の形態画像による脳体積との関連解析」

4. 中尾 智博 「行動療法ブループの臨床実践と研究計画」

5. 三浦 智史 「双極性障害患者の末梢血白血球メチレーションマーカーについて」

第18回精神科教室研究会

第18回精神科教室研究会

日時:平成27年10月 31日(土)午後1時30分〜4時30分
場所:九州大学病院ウエストウイング1Fカンファレンスルーム

1. 織部 直弥  「統合失調症、双極性障害の神経生理学的研究」

2. 本村 啓介  「うつ病研究の歴史を振り返る」

3. 神庭 重信   「15年間のうつ病騒動の歴史を振り返る」

特別講演 (仮) 「矯正施設に於ける摂食障害とその治療」
         九州医療刑務所所長 瀧井 正人先生