日常生活の注意点

日常生活の注意点

日常生活の注意点

放射線治療中は、病気や照射範囲によって、さまざまな症状が出ることがあります。以下にその注意点を述べます。

食事

PHM06_0102.JPG時に、食欲低下、倦怠感などが起こることがあります。また、のどや首に治療を受ける方は、食事時に痛みが生じることがあります。放射線治療中は、なるべく消化の良く、刺激の少ない食物を取るように心がけてください。


入浴

PHM06_0268.JPG入浴はかまいませんが、マークが消えないように注意し、マークのまわりは石けんで洗ったり、こすったりしないようにしてください。
*熱があったり、化学療法中の方は主治医の指示にしたがってください。


照射部位

PHM06_0333.JPG 照射部位の皮膚は傷つきやすくなっています。衣服は、清潔で刺激の少ないものを着るようにしてください。
 きつく締まる衣服も、皮膚がこすれて刺激を受けますので、避けるようにしてください。
 また、治療中は日焼けしないように注意してください。


たばこ

PHM06_0613.JPGたばこは、のどの粘膜を刺激し、また放射線治療の効果を落とすと言われています。できるかぎり、禁煙してください。


副作用

放射線治療の副作用は、どこに放射線を照射するかによって、異なります。担当の医師より、詳しい説明を行いますが、ご不安に思われたら、その都度、お気軽におたずねください。

放射線治療Q&A

日本放射線腫瘍学会では、患者さん向けに、放射線治療Q&Aを作成しております。放射線の副作用や注意点について詳しく記載しています。ぜひ、こちらもご覧ください。

放射線治療Q&AはコチラLinkIcon