ホーム > RecNet Fukuoka

RecNet Fukuoka

RecNet Fukuokaとは

被験者の人権を守り安全性を確保するため、人を対象とする研究(臨床研究)には倫理審査が必要です。今日では、「医薬品の臨床試験の実施の基準(GCP)」や「臨床研究に関する倫理指針」等により、臨床研究は、研究実施施設の倫理審査委員会(Institutional Review Board:IRB)により審査されることが義務づけられています。

しかし、審査の質は施設によりかなり異なるようです。形式的な審査しか行っていない委員会もある一方、倫理的問題をどう判断すべきか真剣に悩んでいる委員会も少なくないと思われます。このような問題を解決するには、教育研修の機会を設けてIRBメンバーの質を向上させたり、IRB間の対話の機会を設けたりする必要があるのではないかと思われます。しかし、そのような機会はこれまでほとんどありませんでした。

そこで、2006年度より厚生労働科学研究費補助金を受け、IRBメンバーを対象とする教育プログラムを作る研究事業を行っています。このプログラムは、まず福岡県で立ち上げて試用し、将来は全国、さらには近隣アジア諸国にも広がることを望んでいます。

まず、2006年度に、IRBの現状を把握することと、教育研修システムのニーズを知ることを目的として、福岡県内の全IRBを対象として詳細な実態調査を行いました。その結果、現在のIRBは様々な問題を抱えており、メンバーのための教育の機会が望まれていることがわかりました。

ただ、教育プログラムの対象となるIRBを正確に把握するためには、IRBの登録制と連絡会が必要だと考えました。そこで作ったのがこのネットワークです。正式名称は「福岡臨床研究倫理審査委員会ネットワーク」ですが、通称レクネット福岡(RecNet Fukuoka:Research Ethics Committee Network Fukuoka)と呼ぶことにします。福岡県以外にかなり拡大したら「福岡」を除きます。

ネットワークに登録されたIRBには、ご承諾いただいた上で、このウェブサイトに概要を掲載させていただきます。このサイトやメールマガジンなどを通じて倫理審査にかかわる最新の情報をお知らせするとともに、講習会をはじめ様々な教育研修の機会を提供します。また、質問・意見交換・情報交換のためのメーリングリスト等も作りたいと思います。

上記の趣旨ですので、福岡県以外のIRBも大いに歓迎いたします。IRBならば、ぜひ登録していただきますようお願い申し上げます。もちろん会費などは一切不要です。