TOP > 白菊会

九州大学白菊会

九州大学白菊会は、自分の死後、遺体を九州大学における医歯学の教育と研究のために役立てたいと志した人が、生前に登録しておく会です。

感謝の言葉


慰霊塔

医学や歯学の教育を受ける学生たちにとって、人間の身体の精巧さ、機能性を自分の目で見、病の原因となる器官を確かめることはきわめて重要なことであります。自分の死後の遺体を医学や歯学の大学へ解剖のために寄贈する献体は、このような医学的知識の基本を習得するという面だけではなく、医者としての責任自覚の面でもまことに尊い意義あることであります。
献体とは無条件・無報酬からなる自発的行為であり人類愛に立脚した崇高な行為であります。献体された方は「医学教育に参加することで良い医者を世の中に送り出してほしい」と願い、「献体によって本当の良い医者が生まれる」と信じることにより献体登録をされます。学生らは献体者の魂にふれ、優しい心を学びとります。医師としての使命、責任の重大さを自覚し、さらに生命の尊厳を知ることが今後の医師・歯科医師を目指す学生たちに何物にも替えがたい教えになります。解剖学実習の前後にわたって学生の態度を見ていますと、学生達は精神的にも見違えるほどの成長を示すことが私ども解剖学の教育研究に携わる者にとって大きな励みになります。
昭和四十六年の創設以来、九州大学白菊会という集まりに参加され、自らの御遺体を提供された方々、そしてお身内を亡くされ、悲嘆の裡にありながら肉親の情を越えて献体に御協力をいただきました御遺族の方々の純粋な善意とご厚意に深く感謝の意を表す次第でございます。

九州大学名誉教授(解剖学) 川 渕 優

九州大学白菊会 連絡先
〒812-8582 福岡県福岡市東区馬出3丁目1番1号
九州大学医系学部等総務課内  電話092-641-1314(受付時間:平日9時~17時)

ページの先頭へ戻る