総合周産期母子医療センターについて

総合周産期母子医療センターについて

センター長挨拶

センター長 原寿郎

優秀なスタッフと最新の設備母と子の健康を守るための施設として発展

九州大学病院周産母子センターは平成20年3月18日付けで、福岡県総合周産期母子医療センターに指定されました。九州大学では平成元年5月29日に国立大学初めての周産母子センターを設置し、全国にさきがけて、産婦人科と小児科と小児外科が一体となった集学的医療を展開し、周産期医療施設としての中心的役割を果たすとともに、九州から全国およびアジア諸国に周産期医療および医学の拠点として情報を発信してまいりました。

医療活動20年目の平成20年より、名称も新たに「九州大学病院総合周産期母子医療センター」となり、母体胎児集中治療室6床、新生児集中治療室15床を有する病床総数59床のセンターとして再出発し、さらなる発展が期待できます。

現在、全国的に産科医や小児科医の不足や周産期医療を担う公的施設の不足がマスコミから報じられ続けていますが、九州大学病院総合周産期医療センターでは優秀なスタッフと最新の設備を備え、母性胎児部門はハイリスク分娩に常時対応できる体制が整っています。また新生児部門(新生児内科・外科)は低出生体重児のケアおよび新生児の手術を必要とする患児への対応が高い水準で維持されています。

施設概要

部 門 床 数
母性胎児部門 24床   うちMFICU 6床
新生児内科部門 25床 計31床   うちNICU 15床
新生児外科部門 6床 うちGCU  16床
新生児共通床 4床    

センター内観

ページの上へ戻る