時間外利用について

教育・研究支援センターの生体動態解析室1~4は、時間外(平日17時以降と土日祝日)もご利用頂けます。スタッフは常駐しませんので、各自の責任でご使用ください。

1. 「教育・研究支援センター「時間外」利用規則」をお読みください。生体動態解析室の時間外利用にあたっては、時間外に基礎研究A棟入口と生体動態解析室1〜4を解錠するためのカードキーが必要になります。新規カード発行に伴う費用は、4,212円で、部局等運営経費または寄附金からのお支払となります。カード発行までに3週間ほどかかります。

2. 時間外利用を希望される方は「生体動態解析室時間外利用申請書」をダウンロードし、教室責任者の押印をした申請書を教育・研究支援センターまで提出して下さい(「利用登録申請書」を提出されていることが前提で、年度毎の申請が必要です)。なお、分子生物実験室の時間外利用はできません。生体動態解析室の設置機器は、「機器予約」をご覧下さい。



  カードキーの厳正な管理のお願い

支援センターが発行した時間外利用カードキー(以下カードキー)は、基礎研究A棟の入口と支援センターの生体動態解析室1~4の時間外(平日17時以降と土・日・祝日)の解錠ができます。
カードキーを紛失した場合、第三者による不正利用や基礎研究A棟すべての部局での盗難につながる危険性があります。
カードキーの発行を受けた分野は、下記の点に留意して厳重な管理をお願いします。

1. 「教育・研究支援センター「時間外」利用規則」をお読みください。

2. カードキー使用者は、カードキー管理責任者が作成した「カードキー管理ノート」に氏名、使用・返却日時など使用履歴がわかるように記載して下さい。

3. カードキーは支援センターが配布したカードキーホルダーに収納して使用し、使用後は施錠ができる場所に保管してください。

--------------------------------------------------------------------------------------

☆ 「カードキー管理責任者」の責務
   カードキーの的確な管理を行う。

1. 「時間外利用申請書」に登録されたメンバーを把握する。

2. カードキーを施錠できる場所に保管し、紛失・盗難などの防止に努める。

3. カードキーの管理ノートを作成し、常時カードキーの存在確認を行う。

4. 紛失・盗難に合った場合には速やかに支援センターに知らせる。

5. 毎年3月末(更新の際)に支援センターへカードキーを持参し、「利用登録申請書」とともに「時間外利用登録申請書」の更新手続きを行う。

* 管理ノートには、使用日・使用者名・使用時間・返却日を記載して使用履歴を明確にする。






Copyright(C)The Research Support Center, Research Center for Human Disease Modeling,
Kyushu University Graduate School of Medical Sciences. All Rights Reserved.