TOP > 総合情報 > 研究院長挨拶

研究院長挨拶

九州大学大学院医学研究院長 北園 孝成  九州大学医学部は、1903年(明治36年)に京都帝国大学福岡医科大学として創立されました。1911年(明治44年)の九州帝国大学設立に伴い九州帝国大学医科大学となり、1947年(昭和22年)には九州大学医学部と改称して今日に至っています。開学以来一貫して、医師・医学研究者の育成、医学研究の発展、および医療の実践に尽力してきました。

 医学研究院、医学系学府、医学部の最も重要な使命は、世界で活躍する医師、医療者、研究者を育成することです。全国各地から集まってくる才能豊かな俊秀を"次世代を担うプロフェッショナル"に育成することが私たちに課された最大のミッションです。教員一丸となって、病院と緊密に連携しつつ、よりよい医療人の育成に貢献していきたいと考えています。医学教育分野別認証評価に向けて教育カリキュラムに対する大きな変革が求められ、大規模なカリキュラムの改訂作業を進めています。医学教育改革の好機と考えて、九州大学医学部ならではのユニークなカリキュラム策定のために尽力したいと思っています。また、新専門医制度への対応も重要な課題です。"国民にとってわかりやすい"ということを目標に日本専門医機構が中心となって新しいシステムがスタートしましたが、まだまだ解決すべき課題は残っています。病院と協力しながら臨機応変に対応していく必要があります。一方で、あまりにも専門医育成に偏重することで、医学研究に従事する若者が減ることを大いに危惧しています。この問題は臨床系のみならず基礎系の各分野ともしっかりと議論して対策を講じる必要があると考えています。

 医学研究院にとって教育とともに重要なミッションは、研究機関としての研究の推進です。医学研究院の研究業績は右肩上がりに増えており、各分野が着実に研究業績を上げていることは明らかです。一方で、大学改革の流れの中で現状に甘んじているわけにはいかないのも確かな事実です。医学研究院では多くの有能で多彩な研究者がそれぞれの分野で世界トップレベルの研究を推進しています。分野間のより密な連携を図ることで共同研究を推進するとともに、学外さらには世界へとその輪を広げ、世界トップレベルの研究を推進していきたいと考えています。研究院として基礎臨床を問わず積極的に支援する体制を構築し、充実した指導者のもと、未来の医療・医学を担う人材の育成につなげていきたいと思っています。

注)九州大学では2000年(平成12年)に学府・研究院制度を導入しました。医学研究院は、九州大学における医学教育およびその基盤となるべき医学研究・診療を担う教員を束ねる組織、医学系学府は医学系の大学院生の教育のための組織、医学部は医学科・保健学科・生命科学科の学部学生教育のための組織です。

ページの先頭へ戻る