はじめて利用される方へ

はじめて利用される方は、まず「教育・研究支援センター内規」「教育・研究支援センター利用規則」「教育・研究支援センター時間外利用規則」をお読みいただき、「教育・研究支援センター利用登録申請書」を分野で取りまとめてご提出下さい。 時間外(平日17時以降、土日祝日)に利用される方は、「教育・研究支援センター時間外利用申請書」も合わせてご提出下さい。その後、はじめて利用される際に、支援センター事務室にて利用方法についての説明を必ず受けて下さい。

   施設の利用方法 

   機器の利用方法 

   受託の利用について 

   研究・技術支援について 

 


   施設の利用方法

  • 「教育・研究支援センター利用登録申請書」を提出し、登録後利用できます。登録は無料で年度毎に更新が必要です。利用者の追加及び削除は随時できますので、分野責任者の許可を得て支援センターへお越し下さい。
  • 初めて利用される際は、支援センターの利用方法の説明を必ず受けて下さい。
  • 利用時間は平日9:00~17:00です。
    時間外カード取得者は平日17:00以降、土日祝日も利用できます。ただし生体動態解析室1・2・3・4 の部屋のみです。
  • すべての施設入室時はどんな場合でも必ず、事務室の入室者名簿にお名前をご記入下さい。(入室される方は見学者を含み全て記入が必要です)。時間外はそれぞれの部屋の時間外入室者名簿にご記入下さい。
  • 生体動態解析室1・2・3・4の時間外利用希望者は
    「生体動態解析室時間外利用申請書」を提出して下さい。、カードキーは分野に1枚発行します。
    時間外は施錠されています。カードキーで解錠されますので、一時退室する時に部屋の中にカードキーを置き忘れると機器の測定途中などでも再入室できませんのでご注意ください。
  • 学外の方の利用方法について
    学外の方は基本的にお断りしていますが、九大教職員との「共同研究」の場合はその分野の利用登録申請書に名前を記載して下さい。備考欄に所属(大学名、研究所名など)、連絡先を記載して下さい。かかる費用に関しては、受け入れ先の九大の分野に請求します。

   機器の利用方法

  • 機器の利用には「取扱い説明」または「実技講習」の受講が必要です。機器の使用法を理解していても必ず受講して下さい。

  • 「取扱い説明」:機器の取扱い説明を受ければ、すぐに利用可能な機器です。
  • 「実技講習」:実際に機器を動かしての講習を行います。習得にある程度時間を要する機器です。
  • 機器の予約はHPの機器予約よりお願いします。 予約の取消しは、web上ではできません。支援センターへ直接電話かメールでご連絡下さい。
  • 機器予約は必要最小限の時間でお願いいたします。使用時間に制限のある機器もあります。
  • 機器使用料が必要な機器があります。機器使用料は月ごとに、消耗品代は3ヶ月ごとに医系学部等財務課経理第一係より予算の振替処理をいたします。
  • ※ 利用上の注意点

  • 注意1: USBは必ず「生体動態解析室1・4」のウィルスチェック用PCでウィルスチェックした後、機器接続PCに差し込んで下さい。
  • 注意2: 機器類・備品は共通利用のものですので、取扱いには十分注意して下さい。故障が疑われる場合はその機械のメーカーではなく、まず事務室へお知らせ下さい。
  • 注意3: 利用者の不注意で機器類・備品などの損傷・修理が発生したことが明らかな場合は、その費用を所属分野で負担して頂きます。

  • 機器利用の流れ
  •  ①事前に電話かメールでお問い合わせください。
    直接お越しいただいても構いませんが担当スタッフが不在の場合があります。
     ②『実技講習』または『取扱い説明』の日程調整
     ③『実技講習』または『取扱い説明』の参加
    支援センターの利用方法も説明いたします
     ④利用可能

  • 受託の利用は、学内のみと学外(他大学・大学に準じた研究機関)を対象としたものがあります。
      学内 学外
    DNA塩基配列決定 ×
    RNA品質チェック お問い合わせ下さい

  • 各種申込書を提出してください。 各種申込書はこちら
    初めてお申し込みを際はされる際は、事務室へお越し下さい(学外は電話でも可)。
  • 受託の費用は、月ごとに医系学部財務課経理第一係より予算の振替処理をいたします。
    詳細はこちら(費用)
  • 受託業務の流れ
    申込書とサンプルをセンターへ提出
    ※  他にご持参物が必要な受託がありますので、各種受託をお読みください
    受託解析実施
    結果が出次第、電話またはメールでご連絡
    データを受け取りにセンターまでお越しください
    ※  データをメールでお送りすることはできません


  • 分子生物学分野の基礎実験の操作指導や研究内容のディスカッションを行います。
    また各種機器の操作方法の指導を行います。
  • 研究・技術相談のご利用方法
    電話、メール等で相談内容をご連絡ください
    スタッフと日程調整を行います
    事務室へお越しいただき、相談に対応いたします
        (相談に必要な資料等がありましたらお持ちください)

   





Copyright(C)The Research Support Center, Research Center for Human Disease Modeling,
Kyushu University Graduate School of Medical Sciences. All Rights Reserved.