H27(2015)年 お知らせ

年末年始の支援センター業務について 2015/12/09 up

いつも支援センターのご利用ありがとうございます。12/29(火)~1/3(日)まで支援センター業務をお休みさせいただきます。なお生体動態解析室は、時間外利用申込書を提出され、カードキーをお持ちの方は、この期間でもweb上で機器予約の上ご利用できます。ただし、機器等のトラブルには対応できません。共同利用機器ということを認識されてご利用下さい。
●受 託
*RNA品質チェック受託  2015年12月21日(月)受付締切
*シークエンス受託    2015年12月24日(木)受付締切

よろしくお願いいたします。


12/22(火)14:00~16:00大そうじ、12/24(木)9:00~17:00ワックスがけのため機器の利用ができません。 2015/12/09 up

ご迷惑おかけします。
よろしくお願いいたします。


12/03(木)14:00~17:00基礎A棟の停電に伴い、機器の利用ができません。支援センター業務も停止させて頂きます 2015/12/03 up

12/03(木)14:00~17:00基礎A棟の点検停電のため、機器のご利用ができません。また支援センターの部屋も使用できませんので、支援センター業務(シーケンスの受付、Data受け渡しなど)も停止させていただきます。17:00~は通常業務に戻ります。ご迷惑をおかけしますが、どうぞよろしくお願いいたします。


支援センター記念誌発行及び時間外カードキーの点検について 2015/11/20 up

平素は、格別のご高配を賜りまして厚くお礼申し上げます。
医学研究院 教育・研究支援センターは平成27年10月に開設10年目を迎えました。
これもひとえに皆様方のご理解とご支援の賜物と心より感謝しております。
今後ともよろしくお願い申し上げます。

それに際しまして10周年の記念誌を作成いたしました。
また、時間外カードキーをお持ちの分野には記念のカードキーホルダーを配布いたします。
最近時間外カードキーの紛失が頻繁にあったため、配布と同時に時間外カードキーのチェックを行います。
時間外カードキーをお持ちの全ての分野の方は、必ず支援センター事務室までカードキーをご持参ください。
チェック後、記念誌と一緒にお渡しいたします。

締め切り : 平成27年12月8日(平日8:30〜17:00)まで

何卒よろしくお願い申し上げます。

8/13(木)14(金)はお盆のため支援センター業務をお休みさせていただきます 2015/08/03 up

上記期間シーケンス受託の受付・データお渡しもお休みします。生体動態解析室1~4のご利用については 時間外(平日17:00以降、土日祝日)対応となります。時間外申請を既に済まされており(カードキーをお持ちの方)、HP 上で予約を行った方のみご利用頂けます。機器等のトラブル対応はできかねますので、ご了承の上でのご利用をお願い致します。


ARVO X3(マルチラベルプレートリーダー)を設置しました 2015/06/29 up

ご利用にあたっては取扱い説明の受講が必要ですので、受講希望の方は支援センターまでご連絡下さい。
ARVO X3 の詳細はこちら


DNAマイクロアレイ受託、マウスのチップ販売終了について 2015/06/22 up

イルミナ株式会社のマウスチップ(MouseWG6-v2 6サンプル)の販売が2015年3月17日に終了しました。支援センターには正常に使用できるチップの在庫がございますので、マイクロアレイを予定されている方はお早めにご相談下さい。



キーエンス画像解析ソフトウェアを32ビットから64ビットに変更しました 2015/04/07 up

64ビットになったことにより、処理速度が速くなり効率よく解析を行うことができるようになりました。
ご利用にあたっては取扱い説明を受けていただく必要があります。ご利用希望の方は支援センターまでご連絡下さい。
キーエンス画像解析ソフトウェアの詳細はこちら



新年度支援センター室長挨拶 2015/04/01 up

  平成27年度に、医学研究院附属ヒト疾患モデル研究センター内の教育・研究支援センターは、10年目を迎えます。

  教育・研究支援センターは、九州大学の生命科学研究における「先端的研究の推進」と「若手研究者の育成・ボトムアップ」を目的として、平成18年10月、病院地区(馬出)の医学研究院・基礎研究A棟2階に設置されました。以来、医学研究院が管理運営してきましたが、医学研究院はもとより九州大学の全ての部局の生命科学研究をサポートしています。平成26年度ののべ利用者数は約17,000人に達しましたが(平成24年度は約14,000人、平成25年度は約17,000人)、平成24年度からは、医学研究院以外の利用者数の合計が、医学研究院の利用者数を超えています。  

  教育・研究支援センターでは、50余りの機器を設置するばかりでなく、特に大学院生・若手研究者を対象とした「基礎理論から実践までを含む講習会/テクニカルセミナー」を毎年数回行うとともに、支援センター職員による「機器利用の個別実技講習会」を適宜行い、高いレベルでの機器利用をサポートしています。一方、受託業務としてDNA塩基配列決定やDNAマイクロアレイによる全遺伝子発現解析も行っています。利用者個々の遺伝子工学・分子生物学的実験あるいは生化学的実験に関する相談にも対応し、必要に応じて支援センター職員による実験手技の指導も行っていますが、幸いにして好評を得てきました。  

  これからも、教育・研究支援センターは増々充実したサービスを提供していきたいと考えています。皆様からのご意見・ご要望がありましたら、是非支援センターまでご連絡下さい。  

  本年度も、どうぞよろしくお願い致します。  

2015年04月01日                                              
九州大学医学研究院 教育・研究支援センター長    
(生化学分野・教授 )                                         
住本英樹                                                         


[ 重要 ] ホームページ、リニューアルのお知らせ 2015/04/01 up

平素より、医学研究院 教育・研究支援センターのご利用に際しまして、ご理解とご協力をいただき、誠にありがとうございます。 2015年4月1日、教育・研究支援センターのホームページを一斉リニューアルしました。 より使いやすく、よりわかりやすいホームページとなるよう、ページ構成やサイトデザインを全面的に見直しました。
リニューアルにあたり、トップページのアドレス(http://www.med.kyushu-u.ac.jp/kikicenter/)に変更はありません。
画面がずれて見える場合は、「最新の情報に更新」のボタンを押して、更新してください。各ページ更新ボタンを押す必要がある場合があります。お手数をおかけしますが、よろしくお願いいたします。
今後とも、内容の充実を図るとともに、よりわかりやすい情報を発信してまいりますので、何卒よろしくお願い申し上げます。

LMD6500、Ensightの利用開始について 2015/04/01 up

4/1(水)から利用開始です。ご利用にあたっては講習会の受講が必要ですので、受講希望の方は支援センターまでご連絡下さい。
LMD6500の詳細はこちら
Ensightの詳細はこちら

【重要】平成27年度教育・研究支援センターの利用について 2015/03/20 up

平素より、医学研究院 教育・研究支援センターのご利用に際しまして、ご理解とご協力をいただき、誠にありがとうございます。 新年度を迎えるにあたり、各申請書の提出が必要となりますので、ご案内いたします。

**「利用登録申請書」及び「時間外利用申請書」の提出について**

平成27年度に教育・研究支援センターを利用される方は「利用登録申請書」、また時間外(平日17時以降、土日祝日)も利用される方は「時間外利用申請書」の提出が必要です。
年度毎の更新となりますので、4月1日(水)からご利用される方は、3月31日(火)までに申請書の提出をお願いいたします。それ以降にご利用される方は、利用される前日までに申請書の提出をお願いいたします。
なお、時間外カードキーの更新の手続きがない場合は、5月にカードキーの機能を停止させていただきます。(カードキーの返却が必要ですが、支援センターにて預かり、再度利用される際に時間外利用ができるようにしてお渡しします)
平成27年度より申請書の内容を変更していますので、下記の申請書をダウンロードしてご記入ください。

「利用登録申請書」
「時間外利用申請書」

**「機器使用料支払経費申請書」の提出について**

機器使用料が発生する機器を利用される方は、4月24日(金)までに「平成27年度機器使用料支払経費申請書」の提出をお願いいたします。年度毎の提出が必要です。
こちらも申請書の内容を変更していますので、下記の申請書をダウンロードしてご記入ください。

「機器使用料支払経費申請書」


レーザーマイクロダイセクションはAS LMDから上位機種のLMD6500にバージョンアップします 2015/03/09 up

レーザーパワーが約2倍になります。バージョンアップに伴い、3/17(火)~月末まで準備期間としてご使用できません。4月からの運用開始となります。 使用には講習会の受講が必要です(AS LMDを使用されている方含む)講習会についてのお問い合わせは4/1(水)以降にお願いします。



ARVOの使用を終了します。EnSight(マルチモードプレートリーダー)を導入します。 2015/03/09 up

3/13(金)にWallc1420ARVOの使用を終了します。長い間のご愛顧ありがとうございました。
それに伴いPerkinelmer社のEnsightを導入します。吸光・蛍光・発光測定のプレートリーダーです。4月から運用開始となります。使用には取扱い説明の受講が必要です。取扱い説明についてのお問い合わせは4/1(水)以降にお願いします。



 





Copyright(C)The Research Support Center, Research Center for Human Disease Modeling,
Kyushu University Graduate School of Medical Sciences. All Rights Reserved.