医学部の中期目標

医学部・医学系学府・医学研究院

大学の教育研究等の質の向上に関する目標

1 教育に関する目標

【1】 教育内容及び教育の成果等に関する目標
1)学士課程
生命医科学領域の学部教育における「アクティブ・ラーナー」の育成およびや国際化への対応のため、カリキュラムの見直しを進める。
生命医科学領域の学部教育における主体的な学びや実践的技能を涵養する教育機会を拡大する。
国際化に対応した授業をさらに充実させ、生命医科学領域の「骨太のリーダー育成」を実践する。
2)大学院課程
卓越した研究能力と倫理観を有し医学の発展に寄与しうる医学研究者を育成する。
グローバル化社会において国際的な視野を持ち世界で活躍する医学研究者を育成する。

【2】 教育の実施体制等に関する目標
大学全体の教育改革との有機的な連携を実現し、教育の質の向上を目指す。

【3】 学生への支援に関する目標
学生が本義である学習や学生生活に専心し、自らの成長を実感できる環境を構築する。学生生活をより豊かなものとし、優れた業績には顕彰を行う。
障害の多様化、深刻化する学生のメンタルヘルス問題等の新たな課題や留学生の住居等への対応を図る。

【4】 入学者選抜に関する目標
生命医科学領域における「アクティブ・ラーナー」及び「骨太のリーダー」育成に対応したアドミッション・ポリシーの見直しを図る。

 

2 研究に関する目標

【1】 研究水準及び研究の成果等に関する目標
医学研究院の強みや特色を発展させ、世界最高水準の医学研究を遂行する。
人文社会科学系の研究者が先導する異分野融合研究に協力し生命科学領域と人文社会科学領域との融合研究の推進をはかる。

【2】 研究実施体制等に関する目標
本学の男女共同参画推進拠点と連動し、医歯薬キャンパスにおいても女性研究者支援のためのシステムの充実をはかるとともに産休・育休後の復帰支援を行い、女性研究者の離職を減らし、継続して働きやすい環境を整備する。

 

3 その他の目標

【1】 グローバル化に関する目標
九州大学が設置している研究教育拠点を活用しアジアオセアニア等の地域の大学との交流を拡大する。
大学本部の国際交流部署と連携して情報を収集し魅力ある国際的学生交流や研究交流の機会を増やす。
遠隔医療システムを構築し、アジア地域をはじめとした世界の医療支援を行うとともに、研究者の受け入れを行うことにより教育に貢献する。
生命医科学領域のトップグローバル研究・教育拠点に向けての質の高い学生交流を戦略的に展開する。
国際的視野の涵養のため、海外への短期留学プログラムを拡大し、留学生との交流の機会を増やす。海外へ研究留学する日本人学生の増加に向けての取り組みを発展させる。
教育・研究の国際化を推進し、世界トップレベルの教育研究活動を通して、グローバル・ハブ・キャンパス創成に貢献する。

 

業務運営の改善及び効率化に関する目標

1 組織運営の改善に関する目標

(人材)生命医科学領域のトップグローバル研究・教育拠点に相応しい教員の多様化

 

自己点検・評価及び当該状況に係る情報の提供に関する目標

医学教育における国際基準による分野別認証評価を受審し、全学のIR活動との連携を推進する。

 

その他業務運営に関する重要目標

2 安全管理に関する目標

安全衛生体制の確立

 

3 法令遵守等に関する目標

医学研究・教育における法令遵守・コンプライアンスの徹底に向けた取組を推進する。
ページのトップへ