医学部の中期目標

医学部(保健学科)・医学系学府(保建学専攻)・医学研究院(保健学部門)

大学の教育研究等の質の向上に関する目標

1 教育に関する目標

【1】 教育内容及び教育の成果等に関する目標
1)学士課程
学士課程を改善するために、基幹教育の教育方針を継承する教育連携を検討し、社会情勢を視野にいれた学士課程カリキュラムに改正し、3つのポリシー(AP, CP, DP)を再検証するとともに、学習成果の明確で適切なルーブリック評価を実施する。
看護師、臨床検査技師、診療放射線技師の実践力をさらに向上させるために柔軟な教育課程へ移行する。
3分野の学士教育をグローバル社会を意識して改善するために、4学期制を導入し、短期留学プログラムの推奨するとともに国際化を意識する雰囲気を醸成する。
2)大学院課程
グローバル化や社会の要請に基づく人材を育成する。
外国語による授業の検討と拡大など外国語に慣れる教育・研究環境の提供。

【2】 教育の実施体制等に関する目標
教育システムの効率化と一貫した教育システムへの改良による教育の質の向上を図り、大学全体の教育改革との有機的な連携を実現し、教育の質の向上を目指す。

【3】 学生への支援に関する目標
学生の自発的な学習意欲と自主性を高めるために、社会人学生も意識した学習環境の整備と顕彰を増加させる。
学生のメンタルヘルス問題を意識した部門内システムの改善を図る。

【4】 入学者選抜に関する目標
入学者選抜方針と選抜方法を再検討する。
高い国家試験合格率を確保しながら、近未来のチーム医療の一翼を担う人材を育成する。

 

2 研究に関する目標

【1】 研究水準及び研究の成果等に関する目標
当部門が公言したミッションの再定義の推進。

【2】 研究実施体制等に関する目標
女性教員の採用と支援の推進
病院との臨床共同研究の増加。
国際医療部等との連携等によりアジアにおける保健学の教育研究拠点づくりを目指す。

 

3 その他の目標

【1】 グローバル化に関する目標
国際交流の活性化。
教員と学生のグローバル化を目指し、すでにあるネットワークと大学間交流協定の活用により国際交流を活性化させる。
医療の発展途上国への保健医療への貢献。
大学院生の留学者数の増加を目指す。
海外への留学を意識した企画を増加させる。
スーパーグローバル大学創成支援に見合った研究改革の推進と人材育成を目標とする。

 

業務運営の改善及び効率化に関する目標

1 組織運営の改善に関する目標

(人材)外国人教員の非常勤講師への戦略的採用。

 

自己点検・評価及び当該状況に係る情報の提供に関する目標

定期的な自己点検評価の公開と各教員へのフィードバック。

 

その他業務運営に関する重要目標

2 安全管理に関する目標

安全衛生体制を確立する。

 

3 法令遵守等に関する目標

継続的なコンプライアンス教育等に関するFDの実施。
ページのトップへ