TOP > 研究成果情報 > 研究情報データベース

研究情報データベース

キーワード検索
例)研究発表 生命科学科
[ 2017/04/18 ]
「細胞間コミュニケーションを制御する新しい分子メカニズムを解明」 (病態制御内科学分野 小川佳宏教授)
[ 2017/03/27 ]
既存の薬剤が非アルコール性脂肪肝炎(NASH)に有効であることを マウスにおいて確認 (病態制御内科学分野 小川佳宏教授)
[ 2017/03/27 ]
「肝臓内の細胞間接着・接触が糖代謝異常を引き起こすメカニズムを発見」 (病態制御内科学分野 小川佳宏教授)
[ 2017/02/27 ]
造血幹細胞が血液細胞を作り続けるメカニズムを解明(がん幹細胞医学分野 國﨑祐哉助教)
[ 2017/01/30 ]
人工多能性幹細胞(iPS細胞)によるキタシロサイの繁殖計画【ヒトゲノム幹細胞医学分野 林克彦教授】
[ 2017/01/20 ]
細胞の外側に柱状の構造体を発見、その形成機構を解明(系統解剖学分野 佐藤有紀講師)
[ 2017/01/10 ]
アレルギー炎症が神経因性疼痛を誘発する機序を解明(神経内科学分野 吉良 潤一教授)
[ 2016/12/21 ]
うつ病の重症度、および「死にたい気持ち(自殺念慮)」に関連する血中代謝物を同定 [精神病態医学分野 (先端融合医療レドックスナビ研究拠点) 加藤隆弘特任准教授]
[ 2016/10/25 ]
視覚情報処理を行うための最小の機能単位構造が大脳に存在することを解明 (分子生理学分野 大木 研一教授)
[ 2016/10/21 ]
成体マウスiPS細胞から体外培養で卵子の作製に世界で初めて成功(ヒトゲノム幹細胞医学分野 林 克彦教授)
[ 2016/09/28 ]
流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)の原因ウイルスの受容体構造を解明(ウイルス学分野 栁雄介教授・橋口隆生准教授)
[ 2016/08/31 ]
胎仔で生殖腺形成を開始させている仕組みに初めて迫る(統合的組織修復医学分野 吉野剛史助教)
[ 2016/08/24 ]
脳の形成において生じる分化の波 数理モデルを使って遺伝子ネットワークに 隠された新しいメカニズムを発見(系統解剖学分野 三浦岳教授)
[ 2016/06/22 ]
日本学術振興会「平成28年度科学研究費助成事業(基盤研究(S) )」の採択について 病態修復内科学分野 赤司浩一教授
[ 2016/05/26 ]
軽度認知機能障害の新たな早期診断バイオマーカーの発見(臨床神経生理学分野 飛松省三教授・山﨑貴男学術研究員)
[ 2016/05/17 ]
脳の神経活動の空間パターンは脳血流のパターンに写し取られる (分子生理学分野 大木 研一教授)
[ 2016/04/25 ]
橋口 隆生准教授が平成28年度科学技術分野の文部科学大臣表彰「若手科学者賞」受賞
[ 2016/04/14 ]
細胞分裂において染色体数を維持するための新しい分子機構を発見 (消化器・総合外科学分野 前原 喜彦 教授)
[ 2016/03/08 ]
ノンコーディング RNA による神経モデル細胞が増えない仕組みの発見  (統合的組織修復医学分野  今村拓也准教授)
[ 2016/02/29 ]
ミトコンドリアの分裂がアポトーシス(細胞の自殺)開始を制御する仕組みを解明(分子生命科学系部門 大寺秀典助教)

ページの先頭へ戻る